北京2022パラリンピック大会8日目ハイライト

熱戦が続く北京2022冬季パラリンピックも、残すところ、あと2日!

文: Yukifumi Tanaka/田中幸文 and Chiaki Nishimura
写真: GETTY IMAGES +491728296845

大会8日目を迎えた北京2022冬季パラリンピックは、今日(3月12日)を含めて残すところ、あと2日となった。

雲間から少しだけ太陽が顔をのぞかせた北京のアウトドア会場では、パラアルペンスキーのスラローム(回転)女子3種目と、パラクロスカントリースキーのミドル(中距離)男女各3種目、合計9のメダルイベントが開催された。

パラアルペンスキーでは、11日の女子ジャイアントスラローム(視覚障がい)で金銅メダルを獲得したアイクナー姉妹(姉・ベロニカが金、妹・バルバラが銅)が、今度はスラロームに登場し、ベロニカが金メダル、バルバラが銀メダルでワンツーフィニッシュを決めた。

また、インドア会場では、車いすカーリング決勝戦(中華人民共和国 vs スウェーデン)と、パラアイスホッケー3位決定戦(中華人民共和国 vs 大韓民国)が行なわれ、両競技で中国勢がメダルを獲得し、地元ファンを沸かせた。なお、これら2競技に日本代表選手は出場していない。

輝きの瞬間:モーメント・オブ・ザ・デイ

車いすカーリング決勝で、中国チームが地元の声援を後押しにスウェーデン・チームを下し、見事、2連覇を達成した。

中国チームは予選リーグ最初の2戦でスウェーデンとカナダ・チームに敗北を喫するなど、大会序盤では不安定な滑り出しを見せたが、準決勝でカナダを倒すまでに、8戦連続で勝利を収め、調子を上げてきた。

会場で両親が見守っていたという閻卓は、「(両親に直接見てもらうのは)初めてです。いつもテレビで見ていて、緊張していたようです」とし、「今日来てくれたことで、家族全員がここで一緒に金メダルに向かって戦っているように感じました」と喜びを語った。

またスキップを務めた王海涛は、4年後のミラノ・コルティナ2026について聞かれると、「国が私たちを必要とする限り、そして私たちが高いレベルを維持できる限り、私は出場したいと思っています」と抱負を語った。

輝いたアスリート:アスリート・オブ・ザ・デイ

カナダのクロスカントリースキー選手ブライアン・マッキーバーが、男子史上最多メダル数に並ぶ16個目の金メダルを獲得した。マッキーバーは、ドイツのパラアルペンスキー界のレジェンド、ゲルト・シェーンフェルダーと並び、歴史にその名を刻んだ。

マッキーバーは13日(日)に、最後のリレー種目に臨み、シェーンフェルダーを抜いて冬季パラリンピック男子選手として最多メダル数を更新することが期待されている。

今大会を自身の集大成と位置づけているマッキーバーは、レース後「この場にいられることが幸せです。20年やってきて、パラリンピックの一部になれるのは光栄なことです」と語った。

関連記事ブライアン・マッキーバー流、輝かしき別れの挨拶

明日の見どころ

大会最終日となる3月13日は、パラアルペンスキー、パラクロスカントリースキー、パラアイスホッケーの3競技が実施される予定で、全6種目でメダルが確定する。

日本勢は、パラアルペンスキー男子スラローム(立位)に三沢拓、高橋幸平、東海将彦、青木大和、小池岳太、男子スラローム(座位)に狩野亮、森井大輝、鈴木猛史、藤原哲、クロスカントリースキー混合4x2.5kmリレーに岩本啓吾、出来島桃子、森宏明、阿部友里香、オープン4x2.5kmリレーに新田佳浩、川除大輝が出場を予定している。

また、パラアイスホッケー決勝ではアメリカ合衆国が4連覇をかけてカナダと対戦する。

競技終了後、現地時間20:00からは「鳥の巣」の愛称で知られる国家体育場で閉会式が行なわれる。

今日のメダリスト一覧

女子

パラアルペンスキー・スラローム(座位)

  • 金: アナレナ・フォルスター(ドイツ)
  • 銀: 張雯静(中華人民共和国)
  • 銅: 劉思彤(中華人民共和国)

パラアルペンスキー・スラローム(立位)

  • 金: エバ・オールシェ(スウェーデン)
  • 銀: 張夢秋(中華人民共和国)
  • 銅: アナマリア・リーデル(ドイツ)

パラアルペンスキー・スラローム(視覚障がい)

  • 金: ベロニカ・アイクナー(オーストリア)
  • 銀: バルバラ・アイクナー(オーストリア)
  • 銅: アレクサンドラ・レクソバ(スロバキア)

パラクロスカントリースキー・ミドル(座位)

  • 金: 楊洪瓊(中華人民共和国)
  • 銀: オクサナ・マスターズ(アメリカ合衆国)
  • 銅: 馬静(中華人民共和国)

パラクロスカントリースキー・ミドル(立位)

  • 金: オレクサンドラ・コノノワ(ウクライナ)
  • 銀: ナタリー・ウィルキー(カナダ)
  • 銅: イリーナ・ブイ(ウクライナ)

パラクロスカントリースキー・ミドル(視覚障がい)

  • 金: リン・カツマイアー(ドイツ)
  • 銀: 王躍(中華人民共和国)
  • 銅: カリーナ・エドリンガー(オーストリア)

男子

パラクロスカントリースキー・ミドル(座位)

  • 金: 毛忠武(中華人民共和国)
  • 銀: 鄭鵬(中華人民共和国)
  • 銅: ジュゼッペ・ロメレ(イタリア)

パラクロスカントリースキー・ミドル(立位)

  • 金: 王晨陽(中華人民共和国)
  • 銀: バンジャマン・ダビエ(フランス)
  • 銅: 蔡佳雲(中華人民共和国)

パラクロスカントリースキー・ミドル(視覚障がい)

  • 金: ブライアン・マッキーバー(カナダ)
  • 銀: セバスティアン・モディン(スウェーデン)
  • 銅: ドミトロ・スイアルコ(ウクライナ)

パラアイスホッケー・3位決定戦

  • 銅: 中華人民共和国

男女混合

車いすカーリング

  • 金: 中華人民共和国
  • 銀: スウェーデン
  • 銅: カナダ

今日の日本選手の成績

女子

パラアルペンスキー・スラローム(座位)
  • 5位 村岡桃佳
  • 6位 田中佳子
  • 8位 原田紀香
パラアルペンスキー・スラローム(立位)
  • 6位 本堂杏実
  • 8位 神山則子
パラクロスカントリースキー・ミドル(立位)
  • 14位 出来島桃子
  • 15位 岩本美歌

男子

パラクロスカントリースキー・ミドル(座位)
  • 30位 森宏明
パラクロスカントリースキー・ミドル(立位)
  • 8位 川除大輝
  • 12位 佐藤圭一
  • 15位 岩本啓吾
パラクロスカントリースキー・ミドル(視覚障がい)
  • 16位 有安諒平

北京2022パラリンピック ハイライト一覧

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト