Loading...
ミラノ・コルティナ2026

ミラノ・コルティナ2026

日付February 6 - February 22
カウントダウン1650
イタリア
ミラノ・コルティナ2026
フトゥラ
04:15
フトゥラ
新たな未来の始まり
00:48
新たな未来の始まり
注目:2026オリンピック冬季競技大会開催地がミラノ/ コルティナダンペッツォに
01:34
コルティナダンペッツォ1956公式映画紹介編 | White Vertigo
00:36

オリンピックについて

ミラノ/コルティナ2026のビジョン

ミラノ/コルティナ招致委員会が、大会のビジョンと残すべきレガシーに関して、次のように説明している。

ミラノスラッシュコルティーナ2026は、IOCのオリンピック・アジェンダ2020/ニュー・ノルムを全面的に採用し、開催都市や地域の長期的な開発戦略や課題を中心に据えている。

我々は、オリンピック並びにパラリンピックの黄金の10年に貢献し、ミラノ/コルティーナを他の主要な国際都市と並べることで、現代社会における大会の位置づけを変えていく。

会場の選定は、北イタリアがウィンタースポーツの世界的な拠点となるという目的に完全に合致している。大会では、選ばれたスポーツインフラの質の高さをアピールし、投資が必要な会場の改修やアップグレードへの投資を促進する。

また、今大会は、アルプスのマクロ地域全体の協力関係を強化し、居住地としての山岳地帯の魅力を高め、過疎化の傾向を逆転させることにもつながる。

最後に、この大会は、“Made in Italy”ブランドを世界中に拡散したイタリアのデザインスタイルを披露するまたとない機会となる。

持続可能性とレガシー

ミラノ/コルティナは、ISO 20121:イベント・サステナビリティ・マネージメント・システムの認証を取得することで、環境面での信頼性を高め、持続可能な計画を加速させるために大会を活用したいと考えている。

基本計画では、既存のインフラを広く活用することで、環境への影響を最小限に抑えるように考えられている。ミラノ/コルティナ2026オリンピック冬季競技大会の戦略的環境アセスメントでは、一貫したステークホルダー参加プログラムにより、環境への配慮が約束されている。

レガシービジョンは、スポーツ、社会、経済、環境の4つの優先テーマを定め、長期的な戦略計画を実現するための促進剤として“大会の力”を活用することを指す。

持続可能性とレガシーに関するフォーラムが直ちに設立され、定量化された指標、明確なモニタリング、評価を伴う包括的なレガシープログラムを通じ、レガシーの実現に責任を持つすべての組織を調整することになる。

2026年世代は、定期的にスポーツを行い、廃棄物の4分の3をリサイクルし、持続可能な交通手段のみを利用し、スポーツを介して文化的多様性を理解し、より包括的で統合された社会の中で成長していく。