Loading...

東京2020

日付July 23 - August 8
日本
アスリート11417
チーム206
イベント339
東京2020

オリンピックについて

スポーツとソリダリティー

東京2020大会は、新型コロナウイルスの世界的感染拡大発生後、世界が初めて一堂に会し、アスリートとスポーツの祭典という純粋な本質に焦点を当てたオリンピックとして、かつてないほどの団結力と連帯感を示しました。

この連帯感は、開催が1年延期された東京2020の成功に欠かせないものでした。特に、安全で安心な参加と運営のためのガイドラインである東京2020プレーブックの策定において重要な役割を果たしました。このプレーブックは、大規模なスポーツイベントの新しい基準となるもので、アスリートからメディアまで、すべての人が安全に大会に参加できることを保証するものです。

若さ、都会的、男女平等

東京2020大会では、オリンピックプログラムの進化を示し、新しい世代に向けてオリンピックの魅力を強化する新しい競技や種目を導入しました。東京2020では、オリンピック史上最多となる33競技339種目が実施され、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン、空手などのスポーツや、BMXフリースタイル、3x3バスケットボールなどの競技がオリンピックデビューを果たしました。

また、プログラムの拡大に伴い、男女平等の競技機会も増加しました。東京2020では、男女のアスリートの比率がほぼ半々となり、史上最もジェンダーバランスのとれた大会となりました。

持続可能な運営とレガシー

東京2020大会の会場の約60%は既存の施設を利用しており、その中には1964年の東京オリンピックで使用された6つの歴史的な施設も含まれています。東京2020では、脱炭素社会を推進した結果、排出量が削減されただけでなく、排出量と同等以上のオフセットが行われ、カーボンニュートラルな大会となりました。

また、東京2020では、一般の方々にもサステナビリティに関する具体的な活動に参加していただくための革新的なプロジェクトを実施しました。東京2020オリンピック、そしてパラリンピック競技大会で使用される約5,000個のメダルは、日本国民から寄付された小型電子機器から調達した100%リサイクル金属で作られています。また、表彰式の表彰台は、再び日本の皆様からご提供いただいた使用済みプラスチックと、海洋プラスチック廃棄物のリサイクル品で作られました。

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
東京2020

注目アスリート

すべてのアスリート

リプレイ:
東京2020

すべてのリプレイ
東京2020

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

マスコット

マスコット

トーチ

オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

トーチ

トーチ

Tokyo 2020 Moments