Loading...
北京2022

北京2022

日付February 4 - February 20
カウントダウン275
中華人民共和国
北京2022
北京2022: 各会場、オリンピック村を紹介
北京2022に貢献するアイスメーカーの歩み
02:03
ビンドゥンドゥン - 北京2022冬季オリンピックマスコット
01:54
#StrongerTogether: 北京2022まであと1年
01:43
冬季オリンピックについて、まだ知らない5つのこと
冬季オリンピックについて、まだ知らない5つのこと

オリンピックについて

2015年7月31日に2022年冬季オリンピックの招致に成功した北京は、夏季と冬季の両方のオリンピックを開催する世界初の都市となる予定です。

“純粋な氷と雪の上での喜びのランデブー” というビジョンを掲げる北京2022は、2008年の北京オリンピックが残した重要な遺産をもとに実施され、中国全土の何百万人もの人々にウィンタースポーツを楽しんでもらうことが期待されます。

オリンピック期間中、北京中心部、延慶、張家口の3つの競技ゾーンで、7種目、109の競技が行われます。

3つの競技ゾーン

北京では、2008年の夏季オリンピックで使用された会場を利用して、雪上競技4種目(男女スノーボードビッグエア、男女フリースタイルスキービッグエア)と、氷上競技の全種目(カーリング、アイスホッケー、スケート)が開催されます。

万里の長城で有名な八達嶺と居庸関がある北京郊外の延慶(80km北西)では、アルペンスキーとソリ競技(ボブスレー、スケルトン、リュージュ)が行われます。

また、北西に位置する河北省の張家口では、スキー場として人気の高い崇礼地区でスノーボード、フリースタイルスキー、クロスカントリースキー、スキージャンプ、ノルディック複合、バイアスロンなどの雪上競技が行われます。

2019年に完成した北京 − 張家口高速鉄道により、北京から延慶までの移動時間が20分に、北京から張家口までの移動時間が50分に短縮されました。

7つの新種目

北京2022には、ボブスレー女子一人乗り(モノボブ)、フリースタイルスキーのビッグエア男女とエアリアル混合団体、スノーボードクロス混合団体、スピードスケート・ショートトラック混合リレー、スキージャンプ混合団体、という7つの新種目が加わりました。これにより、過去の大会よりも多くの女子種目、女子選手(45.44%)が登場することになり、最もジェンダーバランスのとれた冬季オリンピックとなります。

北京2022

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

トーチ

オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示