Loading...
ネイサン

ネイサン・チェン

アメリカ合衆国
チームアメリカ合衆国
フィギュアスケートフィギュアスケート
オリンピックメダル
1g
1s
1b
出場2
初出場平昌2018
誕生年1999

バイオグラフィー

ネイサン・チェンは、3度(2018年、2019年、2021年)世界チャンピオンに輝いたアメリカ出身のフィギュアスケート選手だ。2018年の平昌オリンピックのフィギュアスケート団体戦では、チームの銅メダル獲得に貢献した。18歳にして平昌でオリンピックデビューを果たした彼は、フリースケーティングで6回の4回転ジャンプに挑戦し、5回をクリーンに着氷した初の男子選手でもある。

2018年大会でチェンは表彰台に望みをかけていたが、団体戦でも個人戦でもショートプログラムでつまずいてしまった。当時まだティーンエイジャーだった彼は、シーズン全戦全勝で平昌大会に臨み、そこではオリンピックの覇者、羽生結弦との直接対決が予想されていた。しかし個人戦のショートプログラムでは、4回転ルッツと4回転トゥーループに苦戦し、コンビネーションジャンプができずに17位と低迷した。

しかしフリーでは、215.08点を叩き出して1位となり、総合5位に入った。彼のこのフリーの得点は、オリンピックでの最高得点だった。

チェンは、その後の2018年の世界選手権から2021年のスケートアメリカまで国際大会で無敗を続け、10大会連続で優勝。オリンピックシーズンの幕開けとなるスケートアメリカは3位で終えたが、翌週のスケートカナダですぐに挽回して優勝を収めた。

ロサンゼルスを拠点に活動しているチェンは、ラファエル・アルトゥニアンの指導を受けている。これまでのキャリアで様々な振付師と組んできたが、最近ではオリンピックに3度出場しているアイスダンサー、シェイリーン・ボーンに定着している。イェール大学在学中の2シーズンはリモートでトレーニングを行っていたが、新型コロナウィルスのパンデミックが発生してからは南カリフォルニアに戻っている。

「2017-18シーズンは... オリンピックで勝ちたいと思っていた」2021年9月、 Olympic.com とのインタビューでチェンはそう語った。「それと同時に、オリンピックであのような経験をしたこと、大舞台で失敗をしたということは、何も恐れるようなことではない。最終的には、自分が納得できるプログラムを演じることができれば......自分がベストを尽くせば、その結果に満足だしハッピーだと思える」。

決してあきらめないこと。人生では、何をするにしても、厳しい時は必ずある。

特集

最新ニュース

Latest news

ネイサン・チェン
リプレイ

ネイサン・チェン
リプレイ

オリンピックでの結果

Athlete Olympic Results Content

注:フィギュアスケート団体戦、女子シングルの結果は暫定的なものです。

You May Like