2022年ISAワールドサーフィンゲームズ、注目選手と見どころは?

オリンピックメダリストの五十嵐カノアや都筑有夢路のほか、サリー・フィッツギボンズ、コロヘ・アンディノなど、世界のトップサーファーが9月16日から24日まで米カリフォルニアのハンティントン・ビーチで、パリ2024オリンピックの最初の出場枠をかけて競い合う。大会の模様はOlympics.comでライブ配信される。

文: Ash Tulloch

パリ2024オリンピックで再び実施されるサーフィン競技。開催まで2年を切り、大会に向けた興奮がじわじわと高まる中、9月16日から24日にかけて米カリフォルニア州ハンティントン・ビーチで2022年ISAワールドサーフィンゲームズが開催される。

この大会はパリオリンピックに向けた最初の出場枠が与えられる予定で、女子と男子のそれぞれで選手らの得点が合計され、最も得点の高かった国の国内オリンピック委員会に出場枠(男女それぞれ1枠)が割り当てられる。

パリオリンピックに向けて各国の国内オリンピック委員会が獲得できる出場枠は最大2枠だが、この大会で優勝すれば出場枠が3枠になる。ゆえに多くのチームが優勝を目指して、ハンティントン・ビーチに乗り込んでくることだろう。

国際サーフィン連盟(ISA)のフェルナンド・アギーレ会長は、「2022年のISAワールドサーフィンゲームズでは、男女のトップチームに追加のオリンピック出場権が与えられるため、ISAワールドチームチャンピオン・トロフィーをめぐる競争は激しく、これまでで最も重要なものになるでしょう」と語った。

オリンピック銀メダリストの五十嵐カノア、ワールドサーフィンゲームズ3連覇のサリー・フィッツギボンズなど、51ヶ国からおよそ250人の才能あふれるアスリートが出場する。

Olympics.comでは、大会の模様をライブ配信。どの国が最初のオリンピック出場権を獲得するのか、その行方を見届けよう!

ここでは注目の選手やスケジュールを紹介する。

関連記事ワールドサーフィンゲームズ、日本選手を紹介!

2022年ISAワールドサーフィンゲームズ、注目の男子選手

今大会が行われるハンティントン・ビーチで生まれ育った五十嵐カノアが地元でその存在感を見せつけることは間違いない。オリンピック銀メダリストの彼は、パリ2024に向けて母国・日本が出場権を獲得できるよう高いレベルのパフォーマンスを披露することだろう。

同じく地元のコロヘ・アンディノ(アメリカ合衆国)は、WSLチャンピオンシップツアーで良いシーズンを送ってきたとは言い難いが、2019年のこの大会では準優勝。今回どんな活躍を見せるかは興味深い。チームUSAにはグリフィン・コラピントナット・ヤングなどが名を連ね、オリンピック出場権を勝ち取るチャンスは十分にある。

一方、インドネシア人の父親と日本人の母親を持つリオ・ワイダ/和井田理央(インドネシア)は、5月と7月に開催されたWSLチャレンジャーシリーズで連続優勝し、素晴らしい成績を残している。また、ブラジルからイタリアへと代表国を変え、パリ2024を見据えるジェシー・メンデスからも目が離せない。

東京2020オリンピック金メダリストのイタロ・フェレイラは、怪我のために今大会を欠場する。

2022年ISAワールドサーフィンゲームズ、注目の女子選手

女子では、チャンピオンシップツアーで活躍するサーファーであり、2021年ISAワールドサーフィンゲームズの覇者でもあるサリー・フィッツギボンズが、若いオーストラリア女子チームを牽引する。

オリンピック銅メダリストの都筑有夢路はチームメイトの松田詩野前田マヒナとともに、オリンピック出場権獲得を目指し、女子チームの強力な挑戦者となるだろう。

パリオリンピックのサーフィン競技会場がタヒチとなることから、タヒチ出身の若きヴァヒネ・フィエロにも注目が集まることだろう。

8月に行われたタヒチ・プロにワイルドカードで出場した20歳のフィエロは、見事3位入賞。今回の大会では、彼女が慣れ親しみ、パリ2024の競技会場となるチョープー(タヒチ)の波よりも小さな波で、その実力を発揮しなければならない。

2021年のワールドサーフィンゲームズではフランスがチーム優勝を果たしており、次のオリンピックに向けて幸先の良いスタートを切っていると言えるだろう。

一方、注目すべき若きサーファーとして15歳のエリン・ブルックスが挙げられる。

カナダ出身の彼女は、今年初めにISAワールドサーフィンゲームズU-16で優勝し、最近では女子サーファーとして初めてサーフボードでフロント&バックフリップを成功させてビデオを公開し、ソーシャルメディアを賑わした。8月にインドネシアで開催された大会では、女子選手として初めて、かつ史上最年少として出場し、4位に入賞。歴史に名を刻んだ。

ISAワールドサーフィンゲームズの日程

競技日程は天候によって変更になる可能性もある。大会の模様は、Olympics.comで配信予定。

9月15日(木) 競技1日目の組み合わせとスケジュールが確定する
9月16日(金) 開会式、男子の競技が始まる可能性もあり
9月17日(土)、18日(日) 男子
9月19日(月) 男子、女子(女子の初日となるこの日は、スーパーガールプロの選手らの参加が可能)
9月20日(火)〜23日(金) 男子、女子
9月24日(土) 男女ファイナル

波を制するのは誰だ?

サーファーたちのパリ2024への道は、ここから始まる。9月16日~22日に開催されるISAワールドサーフィンゲームズで、世界最高峰のサーファーたちの戦いを目撃しよう!
登録してライブ配信、ハイライト、ニュースなどをメールで受信。