【スポーツクライミング】W杯(リード)コペル:森秋彩がTokyo2020金のヤンヤ・ガンブレット抑えて優勝

IFSC(国際スポーツクライミング連盟)クライミングW杯2022(リード)がスロベニア・コペルで現地時間9月3日まで行われた。女子はTokyo2020金メダルのヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)を抑えて森秋彩(茨城県山岳連盟)が優勝。男子の百合草碧皇(早稲田大学)は4位。

文: 渡辺文重
写真: 時事通信

スポーツクライミング競技リード種目のIFSC(国際スポーツクライミング連盟)クライミングワールドカップ2022がスロベニア・コペルにて現地時間9月2日に開幕。2日に予選と準決勝、3日に決勝が行われた。

■森秋彩、ヤンヤ・ガンブレットを抑えて優勝

女子予選では、森秋彩(茨城県山岳連盟)とTokyo2020金メダルのヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)によるつばぜり合いとなる。予選では森が首位でガンブレットが2位。準決勝はガンブレットが首位、森が2位で決勝に進出する。
決勝では、森が「30+」に対してガンブレットは「27+」。森が地元出身のガンブレットを2位に抑えて優勝した。3位は、Tokyo2020で6位入賞のブルック・ラバトゥ(アメリカ合衆国)となっている。

男子優勝はルカ・ポトカ(スロベニア)。2位はサッシャ・レーマン(スイス)、ヤニック・フローエ(ドイツ)となった。日本勢は4人が決勝に残るも、百合草碧皇(早稲田大学)が4位、本間大晴(明治安田生命)が6位、緒方良行(B-PUMP)が7位、吉田智音(奈良県立青翔高等学校)が8位で、表彰台を逃している。

大会公式サイト:IFSC Climbing Worldcup Koper

結果速報:IFSC - Climbing World Cup (L) - Koper (SLO) 2022

■W杯コペルの競技日程・放送予定

競技日程

9月2日(金)9時(日本時間16時)予選
9月2日(金)20時(日本時間3日3時)準決勝
9月3日(土)20時(日本時間4日3時)決勝

放送予定

BS/CS:J SPORTS 3(決勝のみ)
ネット:J SPORTSオンデマンド(決勝のみ)、YouTube

■JMSCA(日本山岳・スポーツクライミング協会)派遣選手

男子
名前 ふりがな 所属
緒方 良行 おがた よしゆき B-PUMP
西田 秀聖 にしだ ひでまさ 天理大学
樋口 純裕 ひぐち まさひろ 佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟
本間 大晴 ほんま たいせい 明治安田生命
百合草 碧皇 ゆりくさ あお 早稲田大学
吉田 智音 よしだ さとね 奈良県立青翔高等学校
女子
名前 ふりがな 所属
伊藤 ふたば いとう ふたば TEAM au
大田 理裟 おおた りさ 山口県山岳・スポーツクライミング連盟
柿崎 未羽 かきざき みう 早稲田大学
谷井 菜月 たにい なつき 明治安田生命
中川 瑠 なかがわ りゅう 日本大学
森 秋彩 もり あい 茨城県山岳連盟

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト