【パリ2024への道】スポーツクライミング(ボルダリング&リード)、出場資格取得プロセスを解説

パリ2024では、スポーツクライミングの競技形式が一新され、東京2020でオリンピックデビューを果たしたこの競技への期待はさらに高まっている。そのパリオリンピックに向けて、選手らはどんな道のりをたどるのだろうか。出場権獲得のプロセスをたどってみよう。

文: Marta Martín

スペインのアルベルト・ヒネスとスロベニアのヤーニャ・ガーンブレットは、東京2020オリンピックでデビューしたスポーツクライミングで、オリンピック初のチャンピオンに輝いた。

しかし、パリ2024では競技形式が見直されたため、彼らは必ずしも優勝候補とは言えない。

東京2020では、ボルダリング、リード、スピードを組み合わせた複合1種目の男女それぞれでメダルが授与されたが、パリ大会ではスピードが複合から抜け、スピード単独、そしてボルダリングとリードの複合の合計2種目で選手らが競い合う。

しかし、オリンピックの舞台に立つ前に、アスリートは予選大会で好成績を残してパリ出場権を獲得しなければならない。

ここでは、パリ2024でのボルダリングとリードの予選大会に関する情報を紹介したい。

パリ2024でのボルダリング&リードに出場する選手数は?

パリ2024では、男女それぞれ20人選手がボルダリング&リードの種目に出場する。出場枠は、他の競技のように国内オリンピック委員会ではなく、出場資格を持つ各選手に割り当てられる。各地の国内オリンピック委員会が派遣する選手の上限として、最大4人(男子2人、女子2人)と定められている。

開催国のフランスには男女各1枠が与えられているほか、ユニバーサリティー枠として男女各1枠も用意されている。今後2年間のプロセスの中で、ボルダリング&リードの男女それぞれ18選手に出場枠が与えられる。

出場資格を得るためには、2008年1月1日以前に生まれたクライマーであることが条件となる。

関連記事パリ2024:オリンピック出場権獲得への挑戦が始まる

パリ2024:スポーツクライミングの出場枠を得るには?

開催国枠(男女各1名)とユニバーサリティ出場枠(男女各1名)を除き、ボルダリングとリードの複合種目では、2023年の世界選手権、2023年の大陸予選、2024年のオリンピック予選シリーズ(※)の3つの方法で出場資格を得られる。

IFSCクライミング世界選手権(ボルダリング&リード)、スイス・ベルン 2023年8月 - 6枠

2023年の世界選手権の男女それぞれトップ3選手が、国内オリンピック委員会ごとの男女別出場枠の上限を尊重し、それぞれ1枠を獲得する。

IFSC大陸予選(ボルダリング&リード)、2023年9月~12月 - 10枠

各大陸予選の男女それぞれトップ選手は、国内オリンピック委員会ごとの男女別出場枠の上限を尊重し、それぞれ1枠を獲得する。大陸別予選の優勝者が2023年の世界選手権ですでに出場枠を獲得していた場合、その出場枠は、大陸別予選でまだ出場権を獲得していない次点の有資格クライマーに割り振られる。

大陸別予選は以下の通り。

  • アフリカ予選:日時未定
  • アジア予選:日時未定
  • ヨーロッパ予選:日時未定
  • オセアニア予選:日時未定
  • パンアメリカン予選:2023年10月、チリ・サンティアゴでのパンアメリカン競技大会

オリンピック予選シリーズ※、2024年3月~6月 - 20枠

オリンピック予選シリーズは、招待制のイベントシリーズで構成される予定で、大会への招待は、2023年の国際大会の成績と順位に基づいて発表される。

この割り当てに関する手順は定まっておらず、出場枠は国内オリンピック委員会における性別ごとの最大出場枠を尊重して割り当てられる。

※「オリンピック予選シリーズ」の正式名称は現在検討中。

パリ2024:スポーツクライミングの競技フォーマットと日程は?

パリ2024のスポーツクライミングは、2024年8月5日〜10日の日程でル・ブルジェで開催される予定だ。

ボルダリング&リードでは、ボルダリング、リードのそれぞれの競技を終えて総合ランキングのトップに立った選手が、オリンピックチャンピオンとなる。

8月5日にボルダリング男子の準決勝、6日にボルダリング女子の準決勝、7日にリード男子の準決勝、8日リード女子の準決勝が行われる。そして、8月9日にボルダリング&リードの男子決勝、8月10日にボルダリング&リードの女子決勝が行われる。

関連記事

パリ2024に向けて注目したいボルダリング、リードの選手は?

スペインのアルベルト・ヒネスは、東京2020ではスピード種目のパフォーマンスが有利に働いて金メダルを獲得したが、ボルダリングのスペシャリストである。一方の、ヤーニャ・ガーンブレットはリードのスペシャリストである。つまり、連覇を狙うふたりは、パリ2024出場権を得るまでの間、要注目選手であることに変わりはない。

しかし、金メダル獲得は決して簡単ではない。今回はこれまで以上に準備を整えている選手と対戦することになりそうだ。

男子ボルダリングでは、世界ランキング上位を占める日本のクライマーが優勝候補の一角を占めるだろう。藤井快楢崎智亜(東京2020で4位)、緒方良行の3人が世界ランキング上位に名を連ねている。

女子ボルダリングでは、アメリカ合衆国の選手が今シーズンのランキングをリードしており、ナタリア・グロスマンブルック・ラバトゥ(東京2020で5位)が2022年のボルダリングの主役として活躍する。また、日本の野中生萌(東京2020で銀メダル)、セルビアのスターシャ・ゲヨ、イタリアのカミイラ・モローニなどクライマーからも目が離せない。

男子リードでは、コリン・ダフィージェシー・グルーパー(アメリカ合衆国)、本間大晴(日本)、ヤニック・フロへ(ドイツ)、ルカ・ポトカ(スロベニア)など今シーズン波に乗っている選手がランキングリストに名を連ねている。

女子リードでは、スーパースターのガーンブレットがソ・チェヒョン(韓国)、ラウラ・ロゴラ(イタリア)、そしてまたグロスマンとラバトゥら強豪と競い合う。

フランスのクライマーたちも、メジディ・シャールックオリアーヌ・ベルトンマノン・イリら新世代のクライマーとともに、地元オリンピックでの活躍が期待されている。

ボルダリング&リード、パリ2024までの流れ

  • 2023年8月:IFSC世界選手権、スイス・ベルン
  • 大会終了後5日以内:IFSC(国際スポーツクライミング連盟)は国内オリンピック委員会に対し、獲得した出場枠を書面で通知する
  • 前段階から2週間以内:国内オリンピック委員会はIFSCに対し、割り当てられた出場枠の使用意思を表明する
  • 2023年9月~12月:IFSC大陸予選
  • 開催後5日以内:IFSCは国内オリンピック委員会に対し、割り当てられた出場枠を書面で通知する
  • 前段階から2週間以内:国内オリンピック委員会はIFSCに対し、割り当てられた出場枠の使用意思を表明する
  • 2024年3月~6月:オリンピック予選シリーズ
  • イベント/シリーズから5日以内:IFSCが国内オリンピック委員会に対し、獲得した出場枠を書面で通知する
  • 競技会終了後2週間以内:国内オリンピック委員会はIFSCに対し、割り当てられた出場枠の使用意思を表明する
  • 前段階の後:未使用の開催国枠の再配分する(必要な場合)。IFSCが国内オリンピック委員会に割り当てられた出場枠を書面で通知する
  • 前段階から2週間以内:国内オリンピック委員会はIFSCに対し、割り当てられた出場枠の使用意思を表明する
  • 最後の大会/シリーズが終了し、国内オリンピック委員会の出場枠が確認された後:開催国枠の再割当(必要な場合)。IFSCは国内オリンピック委員会に対し、獲得した出場枠を書面で通知する
  • 前段階から2週間以内:国内オリンピック委員会は割り当てられた出場枠の使用意思をIFSCに表明する
  • 予選期間終了時:三者委員会は、国内オリンピック委員会へのユニバーサリティ枠の割り当てを書面で通知する(該当する場合)
  • 予選期間終了時:ユニバーサリティ枠の再割当(必要な場合)。IFSCは国内オリンピック委員会に対し、獲得した出場枠を書面で通知する
  • 前段階から2週間以内:国内オリンピック委員会はIFSCに対し、割り当てられた出場枠の使用意思を表明する
  • 前段階に続く:IFSCは未使用の出場枠をすべて再配分する
  • 2024年7月8日:パリ2024競技エントリー締切日
  • 技術ミーティング:競技エントリー締切後、IFSCは未使用の出場枠を再配分する
  • 2024年7月26日~8月11日:パリ2024オリンピック競技大会

パリ2024への道、記事一覧

3x3バスケットボールウエイトリフティングカヌースラロームゴルフ射撃障害馬術柔道新体操体操競技テコンドーテニストライアスロン自転車BMXレーシング自転車トラックレーススケートボード馬場馬術バレーボールハンドボールブレイキンボートマウンテンバイクレスリング

パリ2024各競技の出場資格取得プロセスについて、より詳しい内容はこちらから。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト