【陸上】日本選手権2日目:サニブラウン・アブデルハキームが男子100m優勝…世界陸上日本代表に内定

第106回日本陸上競技選手権大会(大阪府大阪市・ヤンマースタジアム長居)男子100m決勝が6月10日に行われ、サニブラウン・アブデルハキーム(TumbleweedTC)が10秒08で優勝。サニブラウンはすでに参加標準記録を突破していたため、世界陸上の日本代表に内定した。

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

オレゴン2022世界陸上競技選手権大会の日本代表選手選考競技会を兼ねる第106回日本陸上競技選手権大会(大阪府大阪市・ヤンマースタジアム長居)は6月10日、2日目の競技を行った。

20時30分から行われた男子100m決勝は、サニブラウン・アブデルハキーム(TumbleweedTC)が10秒08で優勝。サニブラウンは9日に行われた準決勝で世界陸上の参加標準記録(10秒05)を突破していたため、日本代表に内定した。20時15分から行われた女子100m決勝では、君嶋愛梨沙(土木管理総合)が自己ベストを更新する11秒36で優勝。参加標準記録(11秒15)の突破はならなかった。

男子100m決勝

  1. サニブラウン アブデルハキーム(TumbleweedTC)10.08
  2. 坂井 隆一郎(大阪ガス)10.10【PB】
  3. 柳田 大輝(東洋大)10.19
  4. 小池 祐貴(住友電工)10.19
  5. 鈴木 涼太(スズキ)10.27
  6. 桐生 祥秀(日本生命)10.27
  7. 伊藤 孝太郎(東京ガスエコモ)10.39

    • 東田 旺洋(栃木スポ協)DNF

女子100m決勝

  1. 君嶋 愛梨沙(土木管理総合)11.36【PB】
  2. 兒玉 芽生(ミズノ)11.40
  3. 御家瀬 緑(住友電工)11.55
  4. 青木 益未(七十七銀行)11.59
  5. 青山 華依(甲南大)11.60
  6. 壹岐 あいこ(立命館大)11.60
  7. 三浦 由奈(筑波大)11.65
  8. 石堂 陽奈(環太平洋大)11.66

サニブラウンはレース終了後、日本陸上競技連盟(JAAF)を通じ、次のコメントを発表している。

(スタートの)反応が話にならないくらい遅かったことが反省点。(海外)トップの人たちと走るには、前半で置いていかれたら本当に話にならないので、そういったところを米国に帰って、これからの1カ月間で磨き上げられるように、本番に強い自分を取り戻せるように、もう1段階上げていければと思う。ただ、出遅れてもしっかり自分のリズムで加速することができた。そこは日ごろ自分よりも速い選手たちとスタート(練習を)しているところが生きてきたのかなと思う。しかし、こんなところで安心していてはいけないので、満足せずに、ここからまた気を引き締めていきたい。

久しぶりに難なく走れて、試合前も「早く試合が来ないかな」と楽しみな状態で臨むことができていた。今年は、3月に初レースをしていい形で入って、フォームとか練習とかをいろいろと模索しながら取り組んできて、(今回)10秒04まで来た。取りあえずは、「まずまずかな」という結果。予選・準決勝・決勝と、3本しっかりと量もこなすことができたので、あとはここからタイムを上げて、勝負強さを兼ね備えていければと思う。位置づけとしては、いい大会になったと思う。

今回の日本選手権は、オレゴン2022世界陸上競技選手権大会の日本代表選手選考競技会を兼ねており、世界陸上の参加標準記録を有効期限内(本大会以外でも可)に突破した上で、3位以内となれば内定となる。

特設サイト:第106回日本陸上競技選手権大会(日本陸上競技連盟)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト