【新体操】世界選手権4日目:個人総合決勝で喜田純鈴8位、大岩千未来13位

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

西日本総合展示場新館(福岡県・北九州市)で開催中の第38回FIG(国際体操連盟)世界新体操競技選手権大会は10月30日に第4日を迎え、個人総合決勝を実施。喜田純鈴(エンジェルRGカガワ日中/国士舘大学)は8位、大岩千未来(イオン/国士舘大学)は13位だった。

優勝はTokyo 2020(東京五輪)銀メダリストのディナ・アベリナ(ロシア体操連盟/RGF)。2位は同大会銅メダリストのアリーナ・ハルナスコ(ベラルーシ)、3位はアリーナ・アベリナ(RGF)となっている。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト