【プロ野球】9月15日|巨人・岡本和がサヨナラ犠飛、楽天・瀧中が7勝目

文: オリンピックチャンネル編集部

プロ野球は9月15日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の計6試合が行われた。セ・リーグでは、読売ジャイアンツが横浜DeNAベイスターズに逆転サヨナラ勝ち。パ・リーグでは、東北楽天ゴールデンイーグルスがオリックス・バファローズに完封勝利を収めた。ここでは15日の試合を振り返る。

東京ヤクルトスワローズは、初回に村上宗隆のタイムリーで挙げた1点を守り抜き、阪神タイガースに競り勝った。先発の小川泰弘は8回途中無失点の好投で8勝目。阪神は打線が機能せず、好投の伊藤将司を援護できなかった。

読売ジャイアンツは2点を追う9回、坂本勇人のタイムリーなどで同点に追いつくと、最後は岡本和真の犠飛で横浜DeNAベイスターズにサヨナラ勝ち。坂本は2本塁打を含む3安打4打点の活躍。DeNAは抑えの三嶋一輝が誤算だった。

広島東洋カープは正隨優弥が1号3ランを含む2安打4打点の活躍を見せ、中日ドラゴンズに逆転勝利。投げては3番手の森浦大輔が3勝目を手にした。中日は3番手の福敬登が痛い一発を浴びてしまった。

埼玉西武ライオンズは1点を追う8回、栗山巧のタイムリーで追いつき、試合を引き分けに持ち込んだ。北海道日本ハムファイターズは王柏融の8号2ランなどでリードを奪うも、4番手の井口和朋が粘り切れなかった。

東北楽天ゴールデンイーグルスは5回、山﨑剛のタイムリーなどで一挙5得点。7回には浅村栄斗の13号2ランが飛び出し、オリックス・バファローズに完勝。先発の瀧中瞭太は7回無失点の好投で7勝目を手にした。

千葉ロッテマリーンズは角中勝也の2本のタイムリーなどで、福岡ソフトバンクホークスに逆転勝ち。3番手のハーマンが今季初勝利を手にした。ソフトバンクは柳田悠岐の一発などで一時はリードするも、投手陣が振るわなかった。

9月15日の試合結果

  • ヤクルト1-0阪神
  • 巨人7-6DeNA
  • 中日3-5広島
  • 西武3-3日本ハム
  • 楽天7-0オリックス
  • ソフトバンク4-5ロッテ