【プロ野球】9月14日|西武・髙橋が10勝目、DeNA・牧が逆転弾

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事

プロ野球は9月14日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、横浜DeNAベイスターズが読売ジャイアンツに逆転勝ち。パシフィック・リーグでは、埼玉西武ライオンズが北海道日本ハムファイターズに快勝を収めた。ここでは14日の試合を振り返る。

阪神タイガースは3点を追う9回、マルテの18号3ランで試合を振り出しに戻し、引き分けに持ち込んだ。東京ヤクルトスワローズは村上宗隆の34号ソロなどで試合をリードするも、抑えのマクガフが誤算だった。

横浜DeNAベイスターズは、桑原将志、牧秀悟の一発で読売ジャイアンツに逆転勝利。8回途中2失点のロメロが2勝目をマークした。巨人・山口俊は7回途中2失点と好投も、5敗目を喫した。

中日ドラゴンズは11安打10得点と打線が繋がり、広島東洋カープに大勝。途中出場の堂上直倫が2打数2安打5打点の大暴れ。6回1失点の先発・松葉貴大が4勝目を手にした。

埼玉西武ライオンズは投打が噛み合い、北海道日本ハムファイターズに快勝。投げては先発の髙橋光成が、6回3安打1失点で今シーズン10勝目。打線も岸潤一郎の先制打などで髙橋を援護した。

東北楽天ゴールデンイーグルスは、先発の早川隆久が8回途中5安打1失点と好投。オリックス・バファローズの宮城大弥との投げ合いを制し、今シーズン8勝目を手にした。

千葉ロッテマリーンズは1-1で迎えた8回、レアードのタイムリーで2点を挙げ、福岡ソフトバンクホークスに競り勝った。投げては2番手の国吉佑樹が2勝目。ソフトバンクは千賀滉大が8回3失点・14奪三振と好投も、打線の援護に恵まれなかった。

9月14日の試合結果

  • ヤクルト4-4阪神
  • 巨人2-3DeNA
  • 中日10-1広島
  • 西武3-1日本ハム
  • 楽天4-1オリックス
  • ソフトバンク1-3ロッテ