【プロ野球】9月12日|阪神・糸井嘉男が300盗塁達成、ソフトバンク・周東佑京が右肩手術

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事

9月11日、阪神タイガースの糸井嘉男が、プロ野球史上31人目となる通算300盗塁を記録。福岡ソフトバンクホークスは、周東佑京が右肩手術を受け、無事終了したことを発表した。

Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島で行われた広島東洋カープ戦、8回に代打で安打を放った糸井は、次打者の初球で今シーズン初盗塁をマーク。プロ野球史上31人目、史上最年長(40歳1カ月)での通算300盗塁を達成した。

右肩の不調を訴え、8月29日に出場選手登録を抹消されていた周東は右肩関節鏡視下関節唇形成術を受け、無事終了した。7日から10日程度の入院後、リハビリを経て復帰までは約6カ月を要する見込みで、今シーズン中の復帰は絶望となった。