【プロ野球】9月11日|西武・今井が13K完封で7勝目、阪神・秋山が10勝目

写真: 時事

プロ野球は9月11日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、投打が噛み合った阪神タイガースが広島東洋カープに快勝。パシフィック・リーグでは、埼玉西武ライオンズの今井達也がオリックス・バファローズを完封した。ここでは11日の試合を振り返る。

阪神タイガースは0-0で迎えた6回、マルテの17号3ランで先制。1点を返された直後の8回には、ロハス・ジュニアのタイムリーで広島東洋カープを突き放し、快勝を収めた。先発の秋山拓巳は、7回二死まで一人のランナーも許さない好投を見せ、今シーズン10勝目。

中日ドラゴンズは序盤、福田永将のタイムリー、渡辺勝の2号3ランで5点をリード。これを5投手によるリレーで守り抜き、読売ジャイアンツに競り勝った。先発の柳裕也が9勝目。巨人は終盤に追い上げるも、あと一歩及ばなかった。

東京ヤクルトスワローズは12安打9得点と打線が繋がり、横浜DeNAベイスターズに大勝。サンタナ、オスナがともに一発を含む2安打3打点の活躍を見せた。投げては先発のサイスニードが3勝目を手にした。

北海道日本ハムファイターズは初回、打者15人の猛攻で11得点。2回にも5点を追加し、序盤で勝負を決めた。西川遥輝、王柏融が3安打5打点の大暴れを見せ、福岡ソフトバンクホークスに大勝。

埼玉西武ライオンズは中盤、スパンジェンバーグの6号2ランなどで7点を挙げ、オリックス・バファローズに快勝。投げては先発の今井達也が、9回3安打無失点・13奪三振の快投を見せ、完封で7勝目をマークした。

千葉ロッテマリーンズは初回、小窪哲也の犠飛で先制すると、その後もマーティンのタイムリーなどで追加点を挙げ、東北楽天ゴールデンイーグルスに快勝。9回4安打1失点の小島和哉が、プロ初完投で7勝目を挙げた。

9月11日の試合結果

広島1-4阪神

巨人4-5中日

ヤクルト9-2DeNA

日本ハム17-5ソフトバンク

西武7-0オリックス

ロッテ4-1楽天