【プロ野球】9月10日|ロッテ・レアードがサヨナラ弾、中日が4本塁打で大勝

写真: 時事

プロ野球は9月10日、セントラル・リーグ2試合、パシフィック・リーグ3試合の計5試合が行われた。セントラル・リーグでは、中日ドラゴンズが4本塁打で読売ジャイアンツに大勝。パシフィック・リーグでは、千葉ロッテマリーンズがレアードの一発で東北楽天ゴールデンイーグルスにサヨナラ勝ちを収めた。ここでは10日の試合を振り返る。

中日ドラゴンズは初回、京田陽太の先頭打者本塁打で先制。その後も福田永将、京田の2本目、木下拓哉にも一発が飛び出し、読売ジャイアンツに大勝した。先発の大野雄大は、7回1失点の好投で今シーズン6勝目。

阪神タイガースは1-1の6回、代打・サンズのタイムリーで勝ち越しに成功。その後も追加点を挙げ、広島東洋カープに快勝を収めた。先発の西勇輝は5回1失点と試合を作り、通算100勝目を手にした。

オリックス・バファローズは投打が噛み合い、埼玉西武ライオンズに快勝。投げては先発の山本由伸が、6回無失点・9奪三振の好投で今シーズン13勝目。打ってはT-岡田の11号ソロ、杉本裕太郎の25号ソロなどで7得点を挙げた。

千葉ロッテマリーンズはレアードのこの日2発目となるサヨナラ弾で、東北楽天ゴールデンイーグルスに劇的勝利。投げては先発の佐々木朗希が、8回2安打2失点・9奪三振と好投を披露した。楽天は2番手の酒居知史が痛恨の一発を浴びてしまった。

北海道日本ハムファイターズは3点を追う7回、淺間大基のタイムリーなどで4点を奪い逆転に成功。しかし9回、福岡ソフトバンクホークスが三森大貴のタイムリーで同点に追いつき、試合を引き分けに持ち込んだ。

9月10日の試合結果

巨人1-10中日

広島1-4阪神

西武1-7オリックス

ロッテ3-2楽天

日本ハム4-4ソフトバンク