【プロ野球】9月12日|DeNA・オースティンが2発5打点、日本ハム・今川がプロ初本塁打

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事

プロ野球は9月12日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、横浜DeNAベイスターズが3本塁打で阪神タイガースに大勝。パシフィック・リーグでは、北海道日本ハムファイターズが福岡ソフトバンクホークスに快勝を収めた。ここでは12日の試合を振り返る。

横浜DeNAベイスターズは佐野恵太の12号2ラン、オースティンの24号2ラン、25号3ランなどで阪神タイガースに大勝。投げては先発の今永昇太が8回6安打1失点・11奪三振の快投で、今シーズン4勝目を手にした。

中日ドラゴンズは2点を追う7回、福留孝介の3号2ランで同点に追いつく。続く8回には木下拓哉の10号ソロなどで4点を挙げ、東京ヤクルトスワローズに逆転勝ち。4番手の又吉克樹が今シーズン2勝目。

読売ジャイアンツは1-1の7回、小林誠司の1号ソロで勝ち越し、広島東洋カープに競り勝った。先発の菅野智之は、7回5安打1失点の好投で今シーズン4勝目。広島は鈴木誠也の28号ソロによる1点のみに抑え込まれた。

埼玉西武ライオンズは2回、スパンジェンバーグの7号3ランが飛び出し先制に成功。このリードを投手陣が守り、オリックス・バファローズに快勝を収めた。5回3安打1失点の先発・渡邉勇太朗が、今シーズン3勝目をマークした。

北海道日本ハムファイターズは、今川優馬のプロ初安打となる1号2ランなどで3点を挙げ、福岡ソフトバンクホークスに勝利。先発の立野和明は、7回途中2安打無失点の好投で今シーズン2勝目を手にした。

千葉ロッテマリーンズは中村奨吾の8号ソロ、レアードの23号2ランなどで9得点を挙げ、東北楽天ゴールデンイーグルスに大勝。先発の河村説人は5回1失点の好投を見せ、今シーズン2勝目を挙げた。

9月12日の試合結果

  • DeNA8-1阪神
  • 中日9-5ヤクルト
  • 広島1-2巨人
  • 西武3-1オリックス
  • 日本ハム3-0ソフトバンク
  • ロッテ9-2楽天