Loading...

ソチ2014

日付February 7 - February 23
ロシア連邦
アスリート2780
チーム88
イベント98
ソチ2014
ソチ2014ダイジェスト
37:07
ソチ2014冬季オリンピック競技大会の感動
08:00
ソチ2014冬季オリンピック競技大会ベストシーン
04:21

オリンピックについて

ロシアで冬季五輪初開催

ソ連時代の1980年にモスクワで夏季オリンピックが開かれていますが、ロシアでオリンピック冬季競技大会が行われたのはソチ2014が初めて。開催都市のソチはクラスノダールに位置し、人口40万人でロシアで3番目に大きい地域です。

2カ所で実施

大会は大きく分けてアイス競技が行われた沿岸部のソチと、山岳部のクラースナヤ・ポリャーナの2カ所で実施されました。沿岸部から山岳部への移動時間は約30分で、オリンピック史上最もコンパクトな大会のひとつとなりました。

沿岸部

黒海沿岸のイメレティンスカヤ低地にソチ・オリンピックパークが建設され、ボリショイ・アイス・パレス、マリー・アイス・パレス、オリンピック・オーバル、ソチ・オリンピック・スケートセンター、オリンピック・カーリングセンターなどのアイス競技会場、そしてセントラル・スタジアム、メイン選手村、国際放送センター、メインプレスセンターが新設されました。選手村から沿岸部の施設までの距離が平均6kmにおさまるなど、すべてがコンパクトにまとまったオリンピックパークとなりました。

山岳部

山岳部のクラースナヤ・ポリャーナではスキー競技および滑降競技が実施されました。こちらもコンパクトをコンセプトとし、山岳部のサブ選手村から各会場までは平均わずか4km。サブメディアセンターも設置されました。

参加国数:88のオリンピック委員会 + 1の独立参加団で、過去最高。

参加選手数:2,780人で過去最高、4割以上が女性。

チケット:110万枚以上を販売。

競技種目数:15競技98種目を実施。

検査:2,500件のドーピング検査を実施。

放送:全プラットフォーム(テレビおよびデジタル)での放映時間は、過去最高の10万2,000時間、推定41億人が視聴。

ソーシャルメディア: 全プラットフォームで220万人以上の新規フォロワー、計770万人のフェイスブックファン。

初参加

マルタ、パラグアイ、東ティモール、トーゴ、トンガ、ジンバブエの6カ国が初参加となりました。

新種目

以下12種目が新たに採用されました。フィギュアスケート団体、リュージュリレー、バイアスロン混合リレー、スキージャンプ女子、スノーボード/スキースロープスタイル(男子および女子)、スキーハーフパイプ(男子および女子)、スノーボードパラレル回転(男子および女子)。

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
ソチ2014

注目アスリート

すべてのアスリート

リプレイ:
ソチ2014

すべてのリプレイ
ソチ2014

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

マスコット

マスコット

トーチ

オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

トーチ

トーチ