Loading...

ソルトレークシティ2002

日付February 8 - February 24
アメリカ合衆国
アスリート2399
チーム77
イベント78
ソルトレークシティ2002

オリンピックについて

さらなる拡大

スケルトンの復活やボブスレー女子2人乗りなど、競技種目が78種目に拡大されました。冬季オリンピックで初めて金メダルを手にした中国やオーストリアを始め、過去最多の18カ国が金メダルを獲得しました。

ノルディックの3冠王者

フィンランドのサンパ・ラユネンが、オリンピック史上初のノルディック種目3冠を達成。クロスカントリースキー男子個人15kmで逆転の金メダルに輝くと、団体でもフィンランドの優勝に貢献。さらに個人スプリントで栄冠を手にしました。

ソルトレイクシティ2002レガシー

このオリンピック大会がホスト国に築いたソルトレークシティ2002レガシーを発見しよう(英語のみ)。

史上初

ドイツのゲオルク・ハックルはリュージュ男子1人乗りで銀メダルに輝き、同種目で5大会連続のメダル獲得というオリンピック史上初の快挙を達成。ボブスレー女子では、アメリカのボネッタ・フラワーズがアフリカ系アメリカ人として初めて冬季オリンピックの金メダルを手にしました。アイスホッケー男子でも、カナダのジャロメ・イジンラが黒人男性初の金メダルに輝きました。

スキージャンプでサプライズ

スキージャンプノーマルヒルで、それまでワールドカップでの優勝経験がなかったシモン・アマン(スイス)が接戦を制して金メダルを獲得しました。アマンは4日後のラージヒルでも主役の座を奪って最高のジャンプを2本揃えて2冠を達成し、ノーマルヒルでの優勝が偶然ではなかったことを証明しました。

参加国数:77

参加選手数:2,399(女子886、男子1,513)

競技種目数:78

ボランティア:22,000

メディア:8,730(記者2,661、放送6,069)

スケルトン

男子と女子の2種目を実施。オリンピックで行われたのはサン・モリッツ1928以来。

新たなテクノロジーを導入

フィギュアスケートの審査にビデオで演技を確認するインスタントリプレイが導入されました。

世界一の標高

ユタ・オリンピックオーバルは海抜1,425mで、屋内スケートリンクとして世界で最も標高が高い場所で競技が行われました。

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
ソルトレークシティ2002

注目アスリート

すべてのアスリート

リプレイ:
ソルトレークシティ2002

すべてのリプレイ
ソルトレークシティ2002

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

マスコット

マスコット

トーチ

オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

トーチ

トーチ