Loading...

Olympic Games Munich 1972

ミュンヘン1972

日付August 26 - September 11
ドイツ連邦共和国
アスリート7134
チーム121
イベント195
ミュンヘン1972

オリンピックについて

テロ事件

9月5日、パレスチナの武装組織「黒い九月」のテロリスト8人がダッハウから20kmのオリンピック選手村に乗り込み、イスラエル代表チームの2人を殺害するとともに9人を人質に立てこもりました。その後、人質となった9人全員が殺害されたほか、テロリスト5人が死亡、警察官1人が犠牲となりました。

これにより大会は34時間中断され、メインスタジアムでは犠牲者を追悼する集会が開かれました。しかし、テロリストに屈することを拒む形で大会は続行されました。エイブリー・ブランデージIOC会長(当時)は「大会は続けなければならない!」と続行を強く主張したことで知られています。

ハイライト

この事件のために他の出来事のインパクトは薄められたのですが、過去最大規模の大会となりました。実施種目数(195)、参加選手数(7,134)、参加国・地域数(121)のすべてで過去最高を記録。

オリンピックデビューと史上初の快挙

男子インドアハンドボール、カヌーとカヤックのスラロームが正式種目として初実施されました。馬場馬術競技に出場した西ドイツのリゼロット・リンゼンホフは女子馬術選手として初めて金メダルを獲得。また、アーチェリーは52年ぶりにオリンピック競技として復活しました。

記憶に残るチャンピオン

アメリカの競泳選手マーク・スピッツは7つの金メダルを手にし、7つの世界記録を更新。しかしメディアで最も取り上げられたアスリートは、ソ連の体操選手オルガ・コルブトで、団体での成功、個人総合での挫折、そして種目別での栄光という劇的なストーリーで世界中のファンの心をつかみました。

参加国・地域数:121

参加選手数:7,134(女子1,059、男子6,075)

競技種目数:195

ボランティア:不明

メディア:不明

初の審判宣誓

オリンピック競技大会で史上初めて、審判による宣誓が行われました

セレモニー

1972年8月26日に開会式。アスリートのギュンター・ザーンがオリンピック聖火台に点火

開会宣言:

グスタフ・ハイネマン大統領

聖火台点火:

ギュンター・ザーン(陸上、1,500mジュニア世界王者)

オリンピック宣誓:

ハイディ・シューラー(陸上)

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
ミュンヘン1972

注目アスリート

すべてのアスリート
  • フィンランドフィンランド
    2
    -
    -
  • イスラエルイスラエル
    -
    -
    -
  • ドイツドイツ
    2
    1
    -
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    1
    -
    -
  • リプレイ:
    ミュンヘン1972

    ミュンヘン1972

    オリンピックを深く知ろう

    ブランド

    ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

    ブランド

    ブランド

    メダル

    オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

    メダル

    メダル

    マスコット

    オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

    マスコット

    マスコット

    トーチ

    オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

    トーチ

    トーチ