【テニス】BNPパリバOP第14日:イガ・シフィオンテク、女子単決勝でマリア・サッカリを下す

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

アメリカ合衆国カリフォルニア州インディアンウェルズ開催のBNPパリバ・オープン(WTA1000/サーフェス=ハード)は現地時間3月20日に最終日を迎えた。イガ・シフィオンテク(ポーランド)がマリア・サッカリ(ギリシャ)に勝利。2月のカタール・トータルエナジーOP(WTA1000/サーフェス=ハード)に続き、女子シングルスを制した。

21日に更新のWTA(女子テニス協会)シングルス世界ランキングでは、シフィオンテクが順位を2つ上げて2位、サッカリは3つ上げて3位になっている。1位はアシュリー・バーティ(オーストラリア)で変わらず。BNPパリバOPはATP(男子プロテニス協会)と共催で、7日から20日まで行われた。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト