【9月9日開幕】クライミングW杯エディンバラ(リード・スピード)の放送予定|前回優勝の森秋彩ほか日本から20名が出場

スコットランド・エディンバラにて現地時間9月9日より、スポーツクライミングのワールドカップが開幕する。前回W杯で優勝した森秋彩が出場するリードと、世界ユース選手権で金メダルに輝く藤野柊斗がエントリーしているスピードの、2種目が行われる本大会の放送予定と見どころを紹介しよう。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

スコットランドの首都・エディンバラにて、現地時間の9月9日から11日まで、スポーツクライミングのワールドカップが開催される。今大会では、リードとスピードの2種目が行われる予定で、日本からは男子11名、女子9名の、合計20名がエントリーしている。ここでは、大会の放送予定と見どころを紹介しよう。

■日程・放送予定

日程

※現地時間で紹介

9月9日(金)

  • スピード予選 12:00〜

9月10日(土)

  • リード予選 9:00〜
  • スピード決勝 19:00〜

9月11日(日)

  • リード準決勝 11:00〜
  • リード男子決勝 18:00〜
  • リード女子決勝 10:00〜

放送予定

BS/CS:J SPORTS 2(リード決勝のみ/日本時間9月12日 01:45〜)
ネット:J SPORTS オンデマンド(リード決勝のみ/日本時間9月12日 01:45〜)

※2022年9月5日時点の情報

■見どころ

Tokyo2020で初採用されたスポーツクライミングは、開幕まで2年を切ったパリ2024や、その先のロサンゼルス2028でも実施が決まっているオリンピックの新競技で、これまでのワールドカップや国際大会においても、日本代表選手は数多くの表彰台成績を収めている。

直近では、9月3日にスロベニア・コペルで開催されたワールドカップの女子リード種目において、3年ぶりの出場となった森秋彩が、Tokyo2020初代金メダリストのヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)を打ち破って金メダルに輝き、世界の注目を集めたばかり。2週連戦のワールドカップで、連続優勝となるか。

さらに、先月8月末にアメリカ合衆国・ダラスで開催された世界ユース選手権2022の男子スピード種目において、日本勢として大会史上初めて世界の頂点に立ったのが、高校生の藤野柊斗だ。年齢カテゴリーのないワールドカップにおいて、シニアの選手を交えて、日本のホープはどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。

このほか、リード種目にて男子6名、女子6名、スピード種目にて男子5名、女子3名、総勢20名の日本代表選手が今大会にエントリーしている。新しいオリンピックプログラムから新たなムーブメントを巻き起こす、TEAM JAPANのクライマーたちから目が離せない。

大会公式サイト:IFSC Climbing World CUP Edinburgh

■日本代表 派遣選手

リード

男子
名前 ふりがな 所属
緒方 良行 おがた よしゆき B-PUMP
西田 秀聖 にしだ ひでまさ 天理大学
樋口 純裕 ひぐち まさひろ 佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟
本間 大晴 ほんま たいせい 明治安田生命
百合草 碧皇 ゆりくさ あお 早稲田大学
吉田 智音 よしだ さとね 奈良県立青翔高等学校
女子
名前 ふりがな 所属
伊藤 ふたば いとう ふたば TEAM au
大田 理裟 おおた りさ 山口県山岳・スポーツクライミング連盟
柿崎 未羽 かきざき みう 早稲田大学
谷井 菜月 たにい なつき 明治安田生命
中川 瑠 なかがわ りゅう 日本大学
森 秋彩 もり あい 茨城県山岳連盟

スピード

男子

  • 大政 涼(おおまさ りょう/松山大学)
  • 北見 宗和(きたみ むねかず/- )
  • 竹田 創(たけだ はじめ/日本体育大学)
  • 藤野 柊斗(ふじの しゅうと/千葉商科大学付属高等学校)
  • 三田 歩夢(みた あゆむ/船橋市立船橋高等学校)

女子

  • 相原 麻菜美(あいばら まなみ/愛媛県山岳・スポーツクライミング連盟)
  • 金谷 春佳(かねたに はるか/鳥取県山岳・スポーツクライミング協会)
  • 林 奈津美(はやし なつみ/奈良県山岳連盟)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト