【スポーツクライミング】W杯エディンバラ(リード・スピード)第2日:森秋彩、谷井菜月、本間大晴らが予選突破

スコットランドのエディンバラで開催されているIFSC(国際スポーツクライミング連盟)クライミングワールドカップは現地時間9月10日、大会2日目を迎えた。スピードは決勝が行われ、男子のサミュエル・ワトソン(米国)と女子のアレクサンドラ・カルッカ(ポーランド)が優勝している。

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

スコットランドで開催されているIFSC(国際スポーツクライミング連盟)クライミングワールドカップ(リード・スピード)エディンバラ2022は現地時間9月10日、大会2日目を迎えた。

■スピード決勝

9日に行われた予選の上位16名で行われるスピード決勝。日本からは唯一、男子の大政涼(松山大学)が進出となった。その大政はユン・ヨンジュン(大韓民国)に敗れて1回戦敗退。優勝はサミュエル・ワトソン(アメリカ合衆国)、2位はロン・ジンバオ(中華人民共和国)、3位はエリク・ノヤ・カルドーナ(スペイン)となっている。
女子決勝は、双子姉妹が対決。アレクサンドラ・カルッカが優勝、ナタリア・カルッカ(ともにポーランド)が2位となっている。3位はエマ・ハント(米国)

■リード予選

リードは、上位26名が準決勝進出となる予選を実施した。日本勢は、男子の本間大晴(明治安田生命)が首位通過したほか、百合草碧皇(早稲田大学)が2位、吉田智音(奈良県立青翔高等学校)が6位、樋口純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)が11位、緒方良行(B-PUMP)が14位、西田秀聖(天理大学)が22位で通過。
女子は、森秋彩(茨城県山岳連盟)と谷井菜月(明治安田生命)が、ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)やナタリア・グロスマン(米国)らと並んで首位通過。中川瑠(日本大学)が12位、伊藤ふたば(TEAM au)が14位、大田理裟(山口県山岳・スポーツクライミング連盟)が24位となっている。柿崎未羽(早稲田大学)は38位だった。

■日程・放送予定

日程

※現地時間で紹介

9月9日(金)

  • スピード予選 12:00〜

9月10日(土)

  • リード予選 9:00〜
  • スピード決勝 19:00〜

9月11日(日)

  • リード準決勝 11:00〜
  • リード男子決勝 18:00〜
  • リード女子決勝 10:00〜

放送予定

BS/CS:J SPORTS 2(リード決勝のみ/日本時間9月12日 01:45〜)
ネット:J SPORTS オンデマンド(リード決勝のみ/日本時間9月12日 01:45〜)

※2022年9月5日時点の情報

■日本代表 派遣選手

リード

男子
名前 ふりがな 所属
緒方 良行 おがた よしゆき B-PUMP
西田 秀聖 にしだ ひでまさ 天理大学
樋口 純裕 ひぐち まさひろ 佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟
本間 大晴 ほんま たいせい 明治安田生命
百合草 碧皇 ゆりくさ あお 早稲田大学
吉田 智音 よしだ さとね 奈良県立青翔高等学校
女子
名前 ふりがな 所属
伊藤 ふたば いとう ふたば TEAM au
大田 理裟 おおた りさ 山口県山岳・スポーツクライミング連盟
柿崎 未羽 かきざき みう 早稲田大学
谷井 菜月 たにい なつき 明治安田生命
中川 瑠 なかがわ りゅう 日本大学
森 秋彩 もり あい 茨城県山岳連盟

スピード

男子
名前 ふりがな 所属
大政 涼 おおまさ りょう 松山大学
北見 宗和 きたみ むねかず -
竹田 創 たけだ はじめ 日本体育大学
藤野 柊斗 ふじの しゅうと 千葉商科大学付属高等学校
三田 歩夢 みた あゆむ 船橋市立船橋高等学校
女子
名前 ふりがな
所属
相原 麻菜美 あいばら まなみ 愛媛県山岳・スポーツクライミング連盟
金谷 春佳 かねたに はるか 鳥取県山岳・スポーツクライミング協会
林 奈津美 はやし なつみ 奈良県山岳連盟

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト