カーリングの専門用語、どれだけ知ってる?

ウィンタースポーツを見るたびに専門用語が多くて辞書が必要だと感じている皆さんに、オリンピックをもっと楽しんでいただくために、Olympics.comでは、2022年の北京冬季オリンピックで実施される競技にまつわる基本的な用語をシリーズで解説していく。まずはじめは、「氷上のチェス」としても知られるカーリングの用語集をお届けする。

文: Sheila Vieira

“シートの上にストーンを投げ、アイスをスイーピングしながらハウスを目指し、ボタンに到達させて得点獲得を狙う”

カーリングは魅力的で複雑なスポーツだ。その動きを理解するために用語を知っておくことで、よりスポーツ観戦が楽しめる。

2022年2月に開催される北京冬季オリンピックに向けて、戦略性の高い駆け引きが魅力である「氷上のチェス」の、主要な語彙について一緒に学んでいこう。

ビッキー・アダムス(イギリス)がカーリングストーンを投げる=ソチ2014
写真: 2014 Getty Images

競技場

  • シート(アイス):カーリング競技を行うために整備された氷のリンク。シートの長さは45メートル以上、幅は最大5メートル。
  • ハウス: シートの端に位置する、ストーンを投げ入れるターゲット。4つの同心円で構成されていて、このリングは、どのストーンが中心に最も近いかを判断するのに役立つ。
  • ボタン: ハウスの中心。試合終了時にボタンに最も近い位置に置かれたストーンのチームに、ストーンの配置に応じて得点が入る。

競技用具

  • ストーン: 花崗岩で作られていて、重さは約20kgある。上部についているプラスチック製のハンドルをもって、選手がシートの上に投げ、得点を狙う。
  • ブラシ(ブルーム): 選手が氷上を磨いて(スイープして)滑りやすくし、ストーンの速度、方向を調整するために使用する用具。
  • スライダー/グリッパーシューズ:カーリング専用の靴。カーラーは、滑りやすい靴底の靴(スライダー)と、氷をグリップする滑りにくい靴(グリッパー)の、左右異なる靴を履いてプレーする。
  • メジャー:専用の測定器具。どのストーンがボタンに近いか、選手の意見が一致しないときに計測を要求できる。中心からストーンの内側までの距離を測定する。
2010年バンクーバーオリンピックの日本対アメリカ戦で、測定器を使う審判
写真: 2010 Getty Images

得点

  • エンド:各チームが交互に8個のストーンを投げることをエンドと言う。1ゲームに10エンド行い、総合得点を競う。(混合ダブルスは1エンド5個のストーンを投げる。エンド開始前にすでにもう1個のストーンが置かれている)
  • ゲーム:競技が終了すること。試合の途中(エンド終了時)に相手チームの勝利を認めてコンシードするか、試合が延長戦になる場合を除いて、8エンドまたは10エンド(大会によって異なる)でゲームとなる。オリンピックでは、男女ともに10エンド、混合ダブルスは8エンド形式で行われる。
  • 得点:1エンド終了後に、ボタンに近いストーンのチームが、相手チームのストーンより内側にあるストーンの数だけ得点を獲得できる。点数を得るためには、ハウスの中にあるか、ハウスの同心円に触れていなければならない。1エンドの対局で得点できるのは1チームのみ。ゲーム終了時には、すべての得点を合計して勝者を決定する。
  • ハンマー(ラストストーン):後攻のスキップが最後に投げるストーン。ハンマーは常に、前のエンドで負けたチームに与えられる。ただし、ブランクエンド(どちらのチームも得点なし)だった場合は、ハンマーはそれまで持っていたチームのものとなる。混合ダブルスの場合は、ブランクエンドによってハンマーの所有権が変わる。
  • スチール:先攻チームが得点すること。

チーム

  • カーラー:カーリング選手。
  • リード:毎エンド最初の2投を投げる選手。
  • セカンド:3投目と4投目を担当する選手。
  • サード:5投目と6投目を担当する選手。
  • フォース:最後の2投(7投目と8投目)を担当する選手。
  • スキップ:主将としてチームの作戦を組み立て、投擲時以外はハウスから指示を出す司令塔の役割を持つ。多くのチームはフォースとして7投目と8投目を担当する。チーム名は主将の名前に由来する(例:現在の女子スウェーデン代表は「チーム・ハッセルボー」と呼ばれている)。
  • バイス・スキップ:スキップがストーンを投げる際に、代わりにスキップの役割を担当するカーラーのこと。通常サードを担当する。

投擲(ショット)

  • デリバリー(スロー):カーラーがショットの際にストーンを持って滑っている状態のこと。
  • カール/ターン:氷上のストーンの軌道が大きく曲がること。回転すること。
  • スイーピング:投げられたストーンと氷の間の摩擦を取り除くため、ブラシ(ブルーム)を使って掃くこと。
  • ドロー:ハウスの中にストーンを止めること。
  • ガード:ハウスの前に置くストーンで、相手チームのストーンがボタンに到達するのを防いだり、すでにボタンの近くにあるストーンを守ることを目的とする。
  • テイクアウト:プレーエリアにあるストーンを当ててはじき出すこと。
  • ハード!:スキップがチームメイトに、より強く、速くスイープするように指示する言葉。
  • コンシード:ゲーム終了前に、自チームの敗北を認めてギブアップすること。
  • 持ち時間:チェスのように、カーラーは戦略を考える時間が必要だ。10エンドゲームでは38分(8エンドゲームでは30分)の持ち時間(シンキングタイム)があり、ストップウォッチを使って厳密にカウントされる。

北京2022カーリング

カーリングは、北京国家水泳センターで行われる。混合ダブルス(男子1名、女子1名の1チーム2名)試合は2月2日に開始し、決勝が2月8日に行われる。男子と女子は2月9日~20日に実施され、各競技に10チーム(1チーム4名編制)が出場し、オリンピックメダルを目指して戦う。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト