Loading...

【サッカー】ドイツ代表に金星の日本代表・森保一監督「粘り強さが勝利につながった」

男子日本代表・SAMURAI BLUEは現地時間11月23日、FIFAワールドカップカタール2022の初戦でドイツ代表を下した。自身の采配で勝利に導いた森保一監督は「粘り強さ」を勝因に挙げている。

1 By オリンピックチャンネル編集部
Hajime Moriyasu
(写真: 2022 Getty Images)

男子日本代表・SAMURAI BLUEは現地時間11月23日、FIFAワールドカップカタール2022の初戦でドイツ代表と対戦。2-1でドイツを下し、2014年の優勝国相手に金星を挙げた。

防戦一方となった前半を0-1で終え、ハーフタイムでフォーメーションの変更を敢行。守備の立て直しに成功すると、三笘薫、浅野拓磨、堂安律、南野拓実を矢継ぎ早に投入していく。すると三笘、南野とつないでクロスを送り、堂安がそのこぼれ球を押し込んで同点に成功。さらに板倉滉のロングパスから浅野が決めて逆転勝利をつかんだ。

フォーメーションの変更や途中から送り出した選手が結果を出すなど、会心の采配を見せた森保一監督。試合後のフラッシュインタビューでは「チーム、スタッフ一丸となっていい準備をしてくれました。粘り強く戦おうと言ってきて、それが勝利につながったと思います」と勝因を語った。

■森保一監督のコメント

チーム、スタッフ一丸となっていい準備をしてくれました。粘り強く戦おうと言ってきて、それが勝利につながったと思います。現地でもホームと感じるほどのサポーターが駆けつけてくれて、後押しをしてくれました。日本からも多くの方が我々を応援してくれました。そのサポートのおかげで最後まで戦えて、勝つことができました。

(選手交代が結果を残したことについて)チームの総合力で、総力戦で戦おうと。スタートから出た選手だけではなく、途中から出た選手が試合を決める、試合を締める。その流れで自分たちの良さを発揮し、チームを勝たせてくれたと思います。

ただし、まだ1試合が終わっただけです。一喜一憂しすぎず、次の試合に向けて反省し、勝利を目指して戦いたいと思います。


日本の次節は27日に行われ、コスタリカ代表と対戦する。

これをお気に入りに追加
サッカーサッカー
もっと見る

You May Like