東京五輪開会1年前プログラム「⼀年後へ。⼀歩進む。〜 +1メッセージ〜 TOKYO2020」|池江璃花子「1年後の今日、この場所で希望の炎が輝いていてほしい」

文: オリンピックチャンネル編集部

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で1年延期となった、Tokyo2020(東京五輪・パラリンピック) 開会1年前となる7月23日、「⼀年後へ。⼀歩進む。〜 +1メッセージ〜 TOKYO2020」が実施された。同プログラムには競泳・池江璃花子が登場し、東京五輪開催への希望を乗せたメッセージを世界に向けて発信した。

「⼀年後へ。⼀歩進む。〜 +1メッセージ〜 TOKYO2020」で自らの境遇を紐解きながらメッセージを発信した池江璃花子

池江璃花子が希望のメッセージを送る

東京2020組織委員会は7月23日、2021年に延期となった東京オリンピックの開会1年前プログラム「⼀年後へ。⼀歩進む。〜 +1メッセージ〜 TOKYO2020」を、オリンピックスタジアム(国立競技場)で実施した。同プログラムでは、1年後の開催に向けたメッセージ動画を配信。

動画は、白血病からの競技復帰を目指す競泳選手・池江璃花子が国際競技場のピッチに登場するシーンから始まった。聖火を灯したランタンを持ち、自身に起こった困難と照らし合わせるように、競泳や東京五輪・パラリンピック開催に対する思いなどを語った。

池江は、「私もこの大会に出るのが夢でした。オリンピックやパラリンピックは、アスリートにとって特別なもの。その大きな目標が(延期によって)突然消えてしまったことは、アスリートにとって言葉にできないほどの喪失感だったと思います」と、多くの東京五輪・パラリンピックを目指すアスリートの声を代弁した。

自身は白血病を発症したことで、「思っていた未来が一夜にして別世界のように変わる、それはとてもきつい経験でした」と振り返った。しかし、医療従事者のサポートがあって日々の練習に復帰できたことから、「スポーツが決してアスリートのものではないことを学びました。さまざまな人の支えの上にスポーツは存在する」と続けた。

そしてコロナ禍という困難な時期だからこそ、「スポーツは人に、勇気や絆をくれるものだと思います。私も闘病中、仲間のアスリートの頑張りにたくさんの力をもらいました」と語り、逆境から世界が這い上がるためにも「世界中のアスリートと、そのアスリートから勇気をもらっているすべての人のために。1年後の今日、この場所で希望の炎が、輝いて欲しいと思います」と話し、1年後の東京五輪開催への希望を託すメッセージを送った。

同プログラムは、東京オリンピック開会式の開始時刻である20時に合わせ、大会を目指すアスリートへのエール、大会を支える人々への感謝・敬意を込めた動画をオリンピックスタジアム(国立競技場)から世界に向けて発信した。一般公開はされず、「Yahoo! JAPAN」特設サイトでプログラムのライブ配信が行われた。

TOKYO2020使用会場などでサプライズイルミネーション

また、メインスタジアムの国際競技場以外では、20時から22時までサプライズイルミネーションが実施された。東京都庁第一本庁舎ビル、東京体育館、味の素スタジアム、有明アリーナ、東京アクアティクスセンター、駒沢公園オリンピック記念塔、また東京スカイツリーがオリンピックシンボルカラーの青、黄色、黒、緑、赤のカラーで彩られた。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト
登録はこちら 登録はこちら