【フィギュアスケート】GPシリーズ・フランス国際2日目:鍵山優真が男子シングル優勝…GPファイナル出場権獲得

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

ISU(国際スケート連盟)グランプリ(GP)シリーズの第5戦、フランス国際(グルノーブル)は11月21日に2日目を迎えた。各種目後半のフリースケーティング(FS)、フリーダンス(FD)が行われ、男子シングルは鍵山優真(オリエンタルバイオ/星槎)が制した。

鍵山は20日に行われた前半ショートプログラム(SP)で首位に立つと、FSは185.77点をマークし合計286.41点で優勝。2位には佐藤駿(フジ・コーポレーション)が264.99点で続き、日本勢ワンツーフィニッシュとした。鍵山は第3戦イタリアGP(トリノ/11月5日-7日)に続き今季GPシリーズ2勝目。GPファイナル(大阪府/12月9日-12日)出場権を獲得した。

女子シングルはロシア勢がワンツー。優勝は229.69点でアンナ・シェルバコワ、2位はアリョーナ・コストルナヤで221.85点だった。日本勢では、SP6位から巻き返した樋口新葉(明治大学/ノエビア)が204.91点で3位。横井ゆは菜(中京大学)は176.93点の9位で大会を終えた。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト