【フィギュアスケート】GPシリーズNHK杯2日目:宇野昌磨、2位に30点近い差を付けて男子シングル優勝

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区)開催のISUグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯国際フィギュアスケート競技大会は11月13日、男子シングル後半のフリースケーティング(FS)を実施。前半ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が総合優勝を果たした。

11日のSPで102.58点を記録した宇野は、FSでもトップとなる187.57点を出し、2位に30点近い差を付ける290.15点で優勝となった。2位はヴィンセント・ジョウ(アメリカ合衆国)、3位はジュンファン・チャ(韓国)。山本草太(中京大学)は238.90点で7位、三浦佳生(目黒日本大学高等学校)は232.89点で8位だった。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト