Loading...
昌磨

宇野昌磨

日本
チームJPN
フィギュアスケートフィギュアスケート

バイオグラフィー

平昌2018の銀メダリストで、日本のトップ男子シングルスケーターの一人である宇野昌磨。彼は日本のフィギュアスケート界の激戦区である愛知県名古屋市の出身だ。

すべての始まり

1997年12月17日生まれの宇野は、5歳でスケートを始めた。最初は遊びでリンクに通っていたが、それが単なる趣味の域を超えるのに時間はかからなかった。偶然にも、彼は地元のスケートスクールでバンクーバー2010の銀メダリスト、浅田真央と出会い、夢中になった。著名な山田満知子コーチのもと、宇野は浅田が海外に拠点を移すまでの5年間、練習を共にした。未熟児として生まれ、幼い頃から喘息に悩まされていた宇野にとって、スケートは身体を鍛えるための手段でもあった。両親に勧められたスポーツの中で、スケートだけは頑張れたという。宇野は、同じくバンクーバー2010のメダリストである高橋大輔(銅メダル)のことも尊敬していた。

ブレイクスルー

2009年、初出場した全日本ジュニア選手権で3位に入賞すると、宇野は徐々に注目を集めるようになった。2011-12シーズンはジュニアグランプリシリーズに参戦し、全日本選手権にもデビュー。世界ジュニア選手権の代表に選出され、インスブルックで開催されたユースオリンピックでは銀メダルを獲得した。宇野のキャリアが本格的に開花したのは2014-15シーズン。全日本選手権で2位に入賞し、アジアフィギュア杯、全日本ジュニア選手権、ジュニアグランプリファイナル、世界ジュニア選手権と、数々のタイトルを獲得した。そして翌シーズンから、宇野は本格的にシニアの世界に参入した。

上昇と別れ

2015-16シーズン、世界選手権の代表に初選出された宇野は、男子シングルスケーターで史上初めて、初出場したグランプリファイナルでメダル(銅メダル)を獲得した。2016-17シーズンに全日本選手権に初優勝すると、そこから4連覇を達成。2017年と2018年には、世界選手権とグランプリファイナルで準優勝を果たした。オリンピック初出場となった平昌2018では4種類の4回転ジャンプを跳び、表彰台で王者の羽生結弦に次ぐ位置に立った。2019年6月、宇野は15年間をともにした山田コーチと別れると、その後の1シーズンはコーチなしで練習を続けた。現在は練習拠点をスイスに移し、彼と同じオリンピック銀メダリストのステファン・ランビエールの指導を受けている。

オリンピックメダル
1s
2b
出場2
初出場平昌2018
誕生年1997

誰にも負けたくない。でも、一番負けたくないのは自分自身だ。

特集

最新ニュース

Latest news

宇野昌磨
リプレイ

宇野昌磨
リプレイ

オリンピックでの結果

Athlete Olympic Results Content

注:フィギュアスケート団体戦、女子シングルの結果は暫定的なものです。

Shoma uno defeats Yuzuru Hanyu at Japan Nationals 2019/20

You May Like