【サッカー】W杯最終予選豪州戦で先制ゴールの田中碧「成長してチームを引っ張る立場にならないと」

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

10月12日に行われたFIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ(W杯)カタール2022アジア最終予選の第4戦で、日本男子代表・SAMURAI BLUEはオーストラリア代表に2‐1で勝利。MF田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)は代表初ゴールとなる先制点を挙げ、勝利に貢献した。

オーストラリア戦の日本は、第3戦までの4-2-3-1ではなく4-3-3のシステムを採用。田中は中盤の一角として先発出場し、立ち上がりから積極的なプレーを見せる。8分には貴重な先制ゴールを奪うなど、最終予選初出場ながらフル出場でチームの勝利に貢献。試合後にチームメイトからは「よくやった」と称えられたことを明かし、「責任はあったので必ず勝たないといけないと感じていた。勝ててほっとしている」と勝利を振り返った。

試合中は頻繁に指示を出すなど得点以外でも存在感を見せた田中だが、自身のプレーについては「そんなに手応えはない」と厳しく評価。「もっとボールを持ちたいし、守備も嵌めたい。個人としてもチームとしても成長することで中盤を制圧できると思うので、まだ足りない」とパフォーマンス向上を目指す。さらに「経験も大事だが、若い勢いも時には必要」と若手の台頭がもたらす効果を語り、今後は中心選手してチームを牽引していく覚悟ものぞかせた。

「(チームが)苦しい状況だったことは間違いなく、結果を残すことが大事。簡単な試合はなく、W杯(予選)はもともと厳しい舞台。僕自身成長して、引っ張っていくくらいの立場にならないといけない」