【サッカー】W杯アジア最終予選:日本代表、ホームでオーストラリア代表を下し2勝目

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ(W杯)カタール2022アジア最終予選「Road to Qatar」は、10月12日に第4戦を実施。日本代表・SAMURAI BLUEは埼玉スタジアム2002(埼玉県さいたま市)でのオーストラリア代表戦に臨み、2-1で勝利した。

日本は7日のサウジアラビア戦からシステムを変更し、4-3-3を採用。中盤には遠藤航(VfBシュツットガルト/ドイツ)、守田英正(CDサンタ・クララ/ポルトガル)、田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)の3選手が先発起用された。試合では序盤からこの変更が機能し、8分に最終予選初出場の田中が起用に応え先制点を奪う。前半はその後両チーム得点は生まれず、日本の1点リードで折り返した。

後半に入り70分にアイディン・フルスティッチがフリーキックを直接沈め、オーストラリアが同点に追いつく。しかし86分に浅野拓磨(VfLボーフム/ドイツ)のシュートが相手DFのオウンゴールを誘い、日本が勝ち越し。これが決勝点となり、日本は勝点3を手にした。

アジア最終予選グループBは第4戦を終え、4連勝のサウジアラビアが勝点12で首位。2位には3勝1敗で勝点9のオーストラリアが続く。2勝2敗で勝点6の4位につける日本は、11月にアウェイ2連戦に臨む。次戦は11日のベトナム戦。16日には、第1戦ホームで敗れているオマーンと対戦する。

2グループに分かれて行われるアジア最終予選は、各グループの上位2チームがW杯出場権を獲得。各グループ3位のチームはアジアプレーオフを行い、勝者は大陸間プレーオフに進む。