リンク内外でシドニー・クロスビーを目指すオーウェン・パワー

すでにドラフト1位指名の世界王者であるオーウェン・パワーだが、今の彼はオリンピックの金メダリストになるチャンスを手にした。学生時代に複数のスポーツを経験したティーンエイジャーは、バッファロー・セイバーズに加わるのではなく、ミシガン大学に残ることを選んだ。彼がその理由を説明し、シドニー・クロスビーの「リンクから離れたところでのあり方」を敬服していると明かした。

リンク内外でシドニー・クロスビーを目指すオーウェン・パワー

すでにドラフト1位指名の世界王者であるオーウェン・パワーだが、今の彼はオリンピックの金メダリストになるチャンスを手にした。学生時代に複数のスポーツを経験したティーンエイジャーは、バッファロー・セイバーズに加わるのではなく、ミシガン大学に残ることを選んだ。彼がその理由を説明し、シドニー・クロスビーの「リンクから離れたところでのあり方」を敬服していると明かした。