アイスホッケー
  • オリンピック新競技
    アントワープ1920
  • 最多金メダル
    カナダ
詳細

アイスホッケー スポットライト

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、アイスホッケー関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

アイスホッケー

アイスホッケーは流れるように展開されるスピーディーでエキサイティングな団体競技。手に汗握るドラマを楽しめることから、オリンピックで大勢の観客を魅了しています。

カナダ発祥

ヨーロッパで行われていた複数の類似競技がもとになり、19世紀初めにカナダで誕生。「ホッケー」の名前の由来はフランス語の “hocquet” で、「スティック」を意味します。1860年頃、ボールの代わりにパックが使われるようになり、1879年にカナダのマックギル大学の学生ロバートソンとスミスが最初のルールを考案しました。

スタンレーカップ

アイスホッケーはカナダの国技となり、国中に広まる中、最初のアイスホッケークラブとされるマックギル大学ホッケークラブが1880年に創設されました。1892年にはカナダ総督スタンレー卿が優勝杯を寄贈したことでスタンレーカップが始まり、モントリオール・アマチュアアスレチック協会が初代王者に輝きました。