Loading...
東京1964

東京1964トーチ

Tokyo_1964_torch_hero
(GETTY IMAGES)

ルート概要と詳細

ギリシャのオリンピアでの採火後、聖火はリレーでアテネへ。そして1964年8月23日に空路でイスタンブール、ベイルート、テヘラン、ラホール、ニューデリー、コルカタ、ラングーン、バンコク、クアラルンプール、マニラ、香港、台北を経由して日本へ向かいました。リレーは各経由都市でも行われました。

ネパール・オリンピック委員会の要請により、聖火リレーがニューデリーに到達した際、メイン聖火から分火された聖火がカトマンズへ運ばれ、セレモニーが開かれました。この後、聖火はコルカタへ空輸され、メイン聖火と集火されています。

9月7日、聖火は沖縄に到着。第1走者の宮城勇は奥武山陸上競技場まで走り、そこで聖火歓迎式典が開かれました。香港で台風による遅れが生じていたため、沖縄でリレーを続けつつ、分火した聖火が9月9日に鹿児島へ送られました。そして9月11日に福岡で再集火されています。

聖火は4つのコースを通って日本全国を回りました。各コースの出発点は鹿児島、宮崎、千歳、青森。千歳から青森に渡った後、日本海側と太平洋側の2コースに分かれました。

10月9日、東京の皇居前広場でセレモニーが開かれ、ここに設置された聖火台で4つの聖火が集火されました。

翌日の最終聖火リレーでは、男子5人と女子2人のランナーが聖火を皇居前から国立競技場まで運び、最終走者の坂井義則に託しました。開会式で、坂井は163段を上って聖火台に点火。ちょうど午後3時3分のことでした。

ルートマップ

Tokyo-1964-map

事実とデータ

開始:1964年8月21日、オリンピア(ギリシャ)

終了:1964年10月10日、国立競技場、東京(日本)

第1走者:ヨルゴス・マルセロス、陸上競技でオリンピックに出場(1960、1964)

最終走者:坂井義則

走者数:日本国外で870人(うちギリシャ366人)、日本でのリレーの走者数は控え走者、サポート走者(推定約20人)を含めて合計10万603人

走者募集:日本国内の聖火ランナーは16歳から20歳までの若者が務め、アスリートばかりではありませんでした

距離:26,065km、内訳は以下の通り

日本国外:16,240km、うち732kmが地上リレーで(ギリシャで350km)、空路が15,508km。

日本国内:9,825km、うち空路2,692km、陸路6,755km、海路378km

経由国:ギリシャ、トルコ、レバノン、イラン、パキスタン、インド、ネパール、ビルマ、タイ、マレーシア、フィリピン、香港(当時イリギス領)、台北、沖縄(当時アメリカ統治下)、日本

トーチ詳細

概要:トーチには「XVIII Olympiad Tokyo 1964」(第18回オリンピック東京1964)の銘とオリンピックリングが刻まれました。筒はステンレス製

色:ブラック、シルバー

高さ:72cm

材質:アルミニウム、鋼鉄

燃料:固形薬剤、燃焼時間は12分

デザイン/製造:柳宗理/昭和化成品株式会社

Tokyo_1964_torch_big
(IOC)

トリビア

香港では、9月4日深夜の台風によって聖火輸送機が損傷。しかし、速やかに代替機が容易されたことで、台北でのリレー開始の遅れは1日で済みました。

国立競技場の聖火台から採火された聖火は、駒沢陸上競技場、江の島オリンピック公園、江の島ヨットハーバー、戸田漕艇場、検見川総合運動場、軽井沢馬術場に設置された聖火台でも燃え続けました

聖火リレー最終走者の坂井義則は、原爆が投下された1945年8月6日に広島で生まれ、平和の象徴として最終走者に選ばれました

東京1964

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

トーチ

オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

トーチ

トーチ