Loading...

東京1964

日付October 9 - October 24
日本
アスリート5151
チーム93
イベント163
東京1964

オリンピックについて

初のアジア開催

東京1964はアジアで開催された初めてのオリンピック競技大会。坂井義則が聖火リレーの最終走者に選ばれたのは、広島に原爆が投下された1945年8月6日に生まれたためでした。原爆犠牲者への追悼と、世界平和への想いが込められた選出でした。

進化するテクノロジー

アンツーカー(レンガを粉砕した土のサーフェス)の陸上トラックが使われたのは、この大会が最後。棒高跳では初めてファイバーグラスのポールが採用されました。ストップウォッチによる手動計時が公式タイムに使われたのも、この大会が最後となりました。

東京1964レガシー

このオリンピック大会がホスト国に築いた東京1964レガシーを発見しよう(英語のみ)。

記憶に残るチャンピオン

アベベ・ビキラは、2大会でマラソン金メダリストに輝いた初めてのアスリートとなりました。ソ連の体操選手ラリサ・ラチニナは通算獲得メダル数を18としました。一方、レスリングのグレコローマンで3大会連続銀メダルに終わっていたイムレ・ポリヤクは、今大会で悲願の金メダルを手にしました。

オリンピック精神

スポーツマンシップの模範例を示したアスリートのために創設された公式の「フェアプレー賞」が、スウェーデンのセーリング選手ラース・グンナー・キエルとスティグ・レナート・キエルに贈られました。2人は競争相手のボートが沈んでいくのを助けるため、競技をやめて、ライバルの命を救いました。

参加国・地域数:93

参加選手数:5,151(女子678、男子4,473)

競技種目数:163

ボランティア:不明

メディア:不明

開催国としての評価

日本は大会運営能力の高さを世界に示そうとし、見事に成功。国際オリンピック委員会からオリンピックカップ、ボナコッサ賞、オリンピック優良賞の3つを受賞した。

新競技

柔道(男子)とバレーボール(男子および女子)の2競技が正式採用された。

女子の団体競技

初の女子団体競技としてバレーボールが実施された。

セレモニー

開会宣言:

昭和天皇

聖火台点火:

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
東京1964

注目アスリート

すべてのアスリート
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    4
    -
    -
  • チェコスロバキアチェコスロバキア
    3
    1
    -
  • 日本日本
    3
    1
    -
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    3
    1
    -
  • リプレイ:
    東京1964

    すべてのリプレイ
    東京1964

    オリンピックを深く知ろう

    ブランド

    ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

    ブランド

    ブランド

    メダル

    オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

    メダル

    メダル

    トーチ

    オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

    トーチ

    トーチ