Loading...

シドニー2000

日付September 15 - October 1
オーストラリア
アスリート10651
チーム199
イベント300
シドニー2000
(2020 Getty Images)

オリンピックについて

史上初

トライアスロンとテコンドーがオリンピック競技として初採用されました。スサンティカ・ジャヤシンゲは200mで3位に入ってスリランカ女子初のメダル獲得を果たし、ギルギット・フィッシャーは女性として初めて20年の時を経て2つ目の金メダルを手にしました。ウエイトリフティングと近代五種で女子アスリートが参加したのも、この大会が初めてです。

大逆襲

シドニーではさまざまな巻き返しのドラマがありましたが、なかでも印象的だったのがソフトボールのアメリカ代表チーム。3連敗を喫しながらも、その後それぞれの相手に勝って最終的に金メダルをつかみ取りました。

シドニー2000レガシー

このオリンピック大会がホスト国に築いたシドニー2000レガシーを発見しよう(英語のみ)。

記憶に残る王者

田村亮子はバルセロナ、アトランタと柔道48kg級決勝で敗れていたが、シドニーで悲願の金メダルを獲得。スティーブ・レッドグレーブはボートで初の5大会連続金メダリストに輝くという偉業を成し遂げました。400m自由形では、17歳のオーストラリア人スイマー、イアン・ソープが自身の世界記録を破って金メダルを手にし、地元の観客を沸かせました。

オーストラリアの団結

開会式でオリンピック聖火台点火を務めたのは先住民アスリートのキャシー・フリーマンで、オーストラリアの団結を象徴する感動的な瞬間となりました。その10日後、フリーマンは400m決勝を制し、観客を熱狂させました。

参加国・地域数:199(+4人の個人参加選手(IOA))

参加選手数:1万651(女子4,069、男子6,582)

競技種目数:300

ボランティア:4万6,967

メディア:1万6,033(記者5,298、放送1万735)

歩み寄った2つのコリア

大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が同じ旗の下で一緒に行進しました。

個人参加

東ティモールの4選手はオリンピック旗の下で個人参加選手(IOA)として参加しました。

ウエイトリフティング

コロンビアが初めて金メダルを獲得。マリア・イザベル・ウルティア(35)がウエイトリフティング女子69-75kg級を制しました。

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
シドニー2000

注目アスリート

すべてのアスリート
  • オーストラリアオーストラリア
    3
    2
    -
  • オランダオランダ
    3
    1
    -
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    3
    -
    1
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    3
    -
    -
  • リプレイ:
    シドニー2000

    すべてのリプレイ
    シドニー2000

    オリンピックを深く知ろう

    ブランド

    ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

    ブランド

    ブランド

    メダル

    オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

    メダル

    メダル

    マスコット

    オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

    マスコット

    マスコット

    トーチ

    オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

    トーチ

    トーチ