Loading...
長野1998

長野1998メダル

Nagano_1998_medals
(GETTY IMAGES EUROPE)

開催地の特徴を伝えるため、長野1998のメダルには漆(木曽漆器)を採用し、装飾には七宝と精密な金属細工、蒔絵の技法が使われました。

表面には、蒔絵の技法で朝日が描かれ、その周囲にオリーブの枝、さらに七宝技法によるエンブレムが入っています。裏面は漆が大胆に使われ、信州の山並みに昇る朝日とエンブレムが蒔絵の技法で描かれています。漆の部分は木曽地方の工芸家たちによって個別に作られました。メダルの直径は80mm、厚さは9.7mm。重さは金メダルが256g、銀メダルが250g、銅メダルが230g。

材質:1位(銀に金メッキ、漆器)、2位(銀、漆器)、3位(青銅、漆器)

寸法:80mm

鋳造:造幣局

Nagano_1998_medal
(IOC)
長野1998

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

マスコット

マスコット

トーチ

オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

トーチ

トーチ