【陸上】2022オレゴン第10日:男子35キロ競歩、川野将虎は1秒差2位…優勝はTokyo2020金のマッシモ・スタノ

アメリカ合衆国オレゴン州ユージーン開催の第18回世界陸上競技選手権大会「世界陸上2022オレゴン」は現地時間7月24日に最終日を迎えた。男子35キロ競歩は、Tokyo2020男子20キロ競歩・金のマッシモ・スタノ(イタリア)が優勝。川野将虎(旭化成)は1秒差で2位だった。

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

アメリカ合衆国オレゴン州ユージーンで現地時間7月15日に開幕した第18回世界陸上競技選手権大会「世界陸上2022オレゴン」は24日、大会最終日を迎えた。男子35キロ競歩は6時15分(日本時間22時15分)にスタートを迎える。

■初代王者はTokyo2020金のマッシモ・スタノ

男子50キロ競歩が廃止となり、代わりに新種目として採用された男子35キロ競歩。初代王者の座を懸けて行われたレースの序盤は、松永大介(富士通)が先頭に躍り出る。2位集団に川野将虎(旭化成)、集団から遅れた位置に野田明宏(自衛隊体育学校)というポジションで中盤を迎える。

松永は21キロ手前で集団に吸収されると、そのままペースダウン。先頭集団が徐々に絞られていく中、残り2キロ付近で今大会男子20キロ競歩3位のペルセウス・カールストロム(スウェーデン)が遅れ、Tokyo2020男子20キロ競歩金メダリスト、マッシモ・スタノ(イタリア)と川野の一騎打ちとなる。

レースは最後、スタノが抜け出して2時間23分14でフィニッシュ。川野は1秒差で2位となった。カールストロムは3位となり、今大会競歩2種目でメダル獲得している。野田は2時間25分29で9位。松永は2時間33分56で26位だった。

川野将虎

「(Tokyo2020の50キロ競歩で獲得できなかった)メダルを獲得できて良かった。(日本勢として男子20キロ競歩に続くメダル獲得)今大会の日本競歩界の結果は、先輩たちのおかげです。多くの方に支えてもらったので、感謝したい。まだまだ未熟な面もあるので慢心せず、次に向けて頑張っていきたい」

野田明宏

「正直、悔しい。後半追い上げる気持ちでいたが、自分の力不足を痛感しました。前回のドーハ2019(男子50キロ競歩)では完走できずにつらい思いをしたが、(今回は)完走できて良かった。今後はコーチやさまざまな方に恩返しがしたい」

松永大介

「前半から単独で行こうと思っていた。優勝かメダル圏内かと思っていたが、力不足だった。応援してくださった方には結果を残せず申し訳ないが、レースに後悔はありません。誇りを持って歩き切れたと思います」

■日程と放送予定

※カッコ内は日本時間、種目右は出場予定日本人選手

第10日:7月24日

モーニングセッション

  • 06:15(24日 22:15) 男子 35km競歩 決勝:川野将虎、松永大介、野田明宏
  • 09:35(25日 01:35) 男子 110mハードル 十種競技
  • 10:30(25日 02:30) 男子 円盤投 十種競技A組
  • 11:40(25日 03:40) 男子 円盤投 十種競技B組
  • 12:15(25日 04:15) 男子 棒高跳 十種競技A組
  • 13:15(25日 05:15) 男子 棒高跳 十種競技B組

イブニングセッション

  • 17:05(25日 09:05)男子 やり投 十種競技A組
  • 17:10(25日 09:10)女子 100mハードル 準決勝:福部真子、青木益未
  • 17:25(25日 09:25)男子 棒高跳 決勝
  • 17:50(25日 09:50)女子 走幅跳 決勝
  • 18:05(25日 10:05)男子 5000m 決勝
  • 18:10(25日 10:10)男子 やり投 十種競技B組
  • 18:35(25日 10:35)女子 800m 決勝
  • 19:00(25日 11:00)女子 100m ハードル 決勝
  • 19:20(25日 11:20)男子 1500m 十種競技
  • 19:35(25日 11:35)男子 4x400mリレー 決勝:佐藤風雅、川端魁、ウォルシュ・ジュリアン、中島佑気ジョセフ、岩崎立来、河内光起
  • 19:50(25日 11:50)女子 4x400mリレー 決勝

放送予定

  • 地上波:TBS系列(24日22:00-26:00、25日08:00-12:25)
  • ネット:YouTubeTver(24日22:00-26:00、25日08:00-12:25)

ワールドアスレティクス(WA)公式HP

■オレゴン2022世界陸上日本代表選手

男子

100m

  • サニブラウンアブデルハキーム
  • 坂井隆一郎(初)

200m

  • 上山紘輝(初)
  • 小池祐貴
  • 飯塚翔太

400m

  • 佐藤風雅(初)
  • 川端魁人(初)
  • ウォルシュジュリアン

5000m

  • 遠藤日向(初)

10000m

  • 田澤廉(初)
  • 伊藤達彦(初)

マラソン

  • 鈴木健吾(初)
  • 星岳(初)
  • 西山雄介(初)

3000m障害物

  • 三浦龍司(初)
  • 青木涼真(初)
  • 山口浩勢(初)

110mハードル

  • 泉谷駿介
  • 村竹ラシッド(初)
  • 石川周平(初)

400mハードル

  • 黒川和樹(初)
  • 岸本鷹幸

走高跳

  • 真野友博(初)
  • 赤松諒一(初)

棒高跳

  • 山本聖途

走幅跳

  • 橋岡優輝
  • 山川夏輝(初)

やり投

  • ディーン元気(初)
  • 小椋健司(初)

4×100mリレー

  • サニブラウンアブデルハキーム
  • 坂井隆一郎
  • 上山紘輝
  • 小池祐貴
  • 栁田大輝(初)
  • 鈴木涼太(初)

4×400mリレー

  • 佐藤風雅
  • 川端魁人
  • ウォルシュジュリアン
  • 中島佑気ジョセフ(初)
  • 岩崎立来(初)
  • 河内光起

20km競歩

  • 池田向希
  • 高橋英輝
  • 住所大翔(初)
  • 山西利和

35km競歩

  • 川野将虎(初)
  • 松永大介
  • 野田明宏

女子

800m

  • 田中希実

1500m

  • 田中希実
  • 卜部蘭(初)

5000m

  • 田中希実
  • 廣中璃梨佳(初)
  • 萩谷楓(初)

10000m

  • 廣中璃梨佳
  • 五島莉乃(初)
  • 小林成美(初)

マラソン

  • 一山麻緒(初)
  • 松田瑞生
  • 新谷仁美

3000m障害物

  • 山中柚乃(初)
  • 吉村玲美

100mハードル

  • 福部真子(初)
  • 青木益未(初)

走幅跳

  • 秦澄美鈴(初)

やり投

  • 北口榛花
  • 上田百寧(初)
  • 武本紗栄(初)

4×100mリレー

  • 青木益未
  • 君嶋愛梨沙(初)
  • 兒玉芽生(初)
  • 御家瀬緑(初)
  • 青山華依(初)

20km競歩

  • 藤井菜々子
  • 岡田久美子

35km競歩

  • 園田世玲奈(初)

男女混合

4×400mリレー

  • 中島佑気ジョセフ
  • 岩崎立来
  • 河内光起
  • 松本奈菜子
  • 小林茉由(初)
  • 久保山晴菜(初)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト