【柔道】GSハンガリー第3日:飯田健太郎、村尾三四郎、冨田若春が優勝

IJFワールド柔道ツアー、グランドスラム(GS)ハンガリー2022が現地時間7月10日に大会3日目(最終日)を迎え、男女合計5階級の試合を実施。男子100kg級の飯田健太郎、同90kg級の村尾三四郎、女子78kg超級の冨田若春が優勝した。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2019 Getty Images

IJF(国際柔道連盟)ワールド柔道ツアー、グランドスラム(GS)ハンガリー2022が現地時間7月10日に大会3日目を迎え、男子3階級、女子2階級の試合が行われた。

■女子結果

78kg超級の冨田若春が決勝に進出。ロンドン2012金メダリストで、リオデジャネイロ2016とTokyo2020では銀メダルを獲得しているイダリス・オルティス(キューバ)と優勝を争った。試合は4分間の本セでは決着がつかず、ゴールデンスコアにもつれる。最後はオルティスに3つ目の指導が与えられ、冨田が優勝を飾った。

78kg級にはTokyo2020金メダリストの濵田尚里が登場。濵田はプール戦2回戦で敗れたが、敗者復活戦を勝ち上がり3位となった。なお、濵田を2回戦で破ったアリーチェ・ベッランディ(イタリア)が同階級を制している。

なお、冨田と濵田は、今年の10月に予定されている「世界柔道選手権大会タシケント2022」の日本代表にすでに選出されている。

■男子結果

男子では100kg級の飯田健太郎と90kg級の村尾三四郎が優勝した。飯田は決勝でリオデジャネイロ2016銀メダリストのヴァルラーム・リパルテリアニ(ジョージア)に勝利。村尾はクリスティアン・パルラティ(イタリア)を決勝で下している。なお飯田は、「世界柔道選手権大会タシケント2022」の日本代表、村尾は補欠に選出されている。

100kg超級は日本人選手の出場がなかった。同階級優勝は、ロンドン2012、リオ2016金メダルのテディ・リネール(フランス)。

公式サイト:GRAND SLAM HUNGARY 2022 (IJF)

■日本選手団結果

  • 男子100キロ級 飯田健太郎(旭化成):優勝
  • 男子90キロ級 村尾三四郎(東海大学4年):優勝
  • 男子81キロ級 藤原崇太郎(旭化成):3回戦棄権
  • 男子66キロ級 阿部一二三(パーク24):優勝
  • 女子78キロ超級 冨田若春(コマツ):優勝
  • 女子78キロ級 濵田尚里(自衛隊体育学校):3位
  • 女子70キロ級 新添左季(自衛隊体育学校):優勝
  • 女子63キロ級 堀川恵(パーク24):優勝
  • 女子57キロ級 舟久保遥香(三井住友海上火災保険):優勝
  • 女子48キロ級 渡名喜風南(パーク24):優勝

役員

  • 男子監督 鈴木桂治(国士舘大学)
  • 女子監督 塘内将彦(旭化成)
  • 男子コーチ 古根川実(大阪府警察)、百瀬優(旭化成)、小野卓志(帝京平成大学)、秋本啓之(デジタルスポーツジャパン)
  • 女子コーチ 上野順恵(三井住友海上火災保険)、池田ひとみ(自衛隊体育学校)、生田秀和(大阪体育大学)、平野幸秀(兵庫県警察)
  • 男子総務コーチ 山田祐太(国士舘大学)
  • 男子トレーナー 野元悠司(グローバルスポーツ医学研究所)
  • 女子トレーナー 江本祐一(グローバルスポーツ医学研究所)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト