【競泳】日本選手権「ジャパンスイム」男子:入江陵介や瀬戸大也ら実力者が貫録の泳ぎ

文: マンティー・チダ
写真: Getty Images

第19回アジア競技大会(9月、中華人民共和国浙江省杭州)の日本代表選考会を兼ねた、第98回日本選手権水泳競技大会「ジャパンスイム2022」が、4月28日から5月1日にかけて神奈川県・横浜国際プールで開催された。男子は、全体的に記録は伸びなかったものの、実力者がきっちり結果を出している。

アジア大会の日本代表として発表された選手は以下の通り。

  • 自由形:松元克央、塩浦慎理、中村克、難波暉、溝畑樹蘭、渡邊天馬、江原騎士、竹田 渉瑚
  • 背泳ぎ:入江陵介、金子雅紀、眞野秀成
  • 平泳ぎ:武良竜也、花車優、山中祥輝
  • バタフライ:松元克央、水沼尚輝、本多灯、寺田拓未、田中優弥
  • 個人メドレー:本多灯、瀬戸大也、小方颯

■入江陵介が選考会に続き、100m背泳ぎを52秒台後半で優勝

背泳ぎの入江陵介は、ベテランらしい貫録の泳ぎで出場2種目を制し、100mは3月の国際大会日本代表選考会に続いて派遣標準記録を突破した。後続を圧倒した100mでは52秒88の好タイムで優勝したのだが、入江は「正直、すごくびっくりした」と驚きの表情。

「泳ぎ込みの時期でスピード感がない状態にも関わらず、前半から良いタイムで泳げた。後半も落ち着いていて、(電光掲示板を見て)表示が間違っているのではないか」と、少し戸惑いながら100mのレースを振り返った。11連覇を果たしたものの、世界のトップから1秒近く遅いタイム。「世界を見据える上では遅いので、あまり満足しないようにしたい」と、入江の挑戦はまだまだ続きそうだ。

入江のほかには選考会と日本選手権を通して、100mと200mで入江に次いでタイムが良かった金子雅紀と眞野秀成がアジア大会代表に選出。入江に次ぐ選手としても、海外で経験を積める絶好のチャンスを生かしたい。

■瀬戸大也は400m個人メドレーで今季世界ランク1位

400m個人メドレーでは、第一人者の瀬戸大也が3月の選考会より1秒近く速いタイムで優勝。選考会では敗れていた本多灯に雪辱を果たした。2種目目の背泳ぎで先行する本多をかわすと、その後はリードを守り切り、大会終了時点では今季世界ランキング1位となる4分9秒07を記録して制覇。「8秒台を出したいと思っていたが、非常に良い泳ぎができた」と手応えをつかんだようだ。「いまはコーチから基礎を徹底的に叩きこまれている段階なので、毎日楽しく水泳ができている」と状態も上向き。Tokyo2020では予選落ちを喫したが、2019年の世界選手権では200m、400mともに制覇しており、復活に期待したい。

瀬戸に400m個人メドレーで敗れたものの、本多はTokyo2020で銀メダルを獲得した200mバタフライで日本選手権3連覇を達成。3月の選考会に続いて派遣標準記録を突破したものの、自己ベストから1秒遅れる結果に「悔しいです」と発言した。「本当は前半から突っ込んで」というプランでレースに臨んだ本多だが、序盤は2番手から先頭を泳ぐ寺田拓未を追走。残り50mのターンから力強い泳ぎで寺田を突き放したものの、タイムには不満を持っていた。

「自分の弱さが出てしまい、前半53秒台で入れなかったのが悔しい。最後の50mも自分の強みである爆発力を全然生かせていなかった。大きな課題が出たので、一からやり直して世界で戦えるようにしたい」と本多は最後まで反省の姿勢。前半53秒台で入り、後半の爆発力をしっかり出し切れるかが課題となる。

個人メドレーでは、19歳の小方颯も選ばれた。男子ではチーム最年少となり、200mでは派遣標準記録まであと一歩と迫っていた。1分57秒台まで記録を伸ばすことができれば、上位入賞の可能性があるだろう。

■武良竜也、花車優、水沼尚輝が3月の選考会に続き連勝

平泳ぎは100mで武良竜也、200mでは花車優がともに3月の選考会から続けて制覇した。武良は後半の追い込みが効いて、決勝進出者で唯一の59秒台をマーク。「前半は27秒台で入りたかったが、追い込みには自信があるので、ラストしっかり泳いだ」とレースを振り返る。世界選手権の日本代表に選出されてからのレースとなったことから「代表に決まって負けられないので、勝ち切れて良かった」と日本選手権初制覇を素直に喜んでいた。

花車は最初の50mをトップから1秒遅れでターンしたものの、そこから追い上げて2分9秒37のタイムで優勝。「前半ちょっと遅いが、後半しっかり持ち味を出せて戦えたのは良かった」と追い込んで勝ち切ったレースを自己評価した。「いつでも2分9秒台を出せることが分かった」とこちらも世界選手権代表選出後のプレッシャーに負けず、最低限の結果を残せたもよう。「予選からしっかりとタイムを出して、いい位置を取れるようにしたい」と語った。

最後の椅子は、100mで武良に次ぐ記録を残していた山中祥輝が飛び込んだ。50mでは選考会と日本選手権を通して一番良いタイムを残していたため、短い距離で期待したい。

また、100mバタフライでは、3月の選考会で日本新記録を出した水沼尚輝が51秒23で制覇。「予定通りに実現できた」と目標通りのタイムだったと明かす。「スピードがなかなか出ない中で、後半しっかり上げていくことが今大会のテーマ。これからは50秒台で追うことが世界で戦うためにも重要なので、意識しながら練習やレースに挑みたい」と今後に向けて抱負を語った。50秒台で泳ぎ切れば、世界選手権でもメダル圏内。どこまでタイムを上げられるのか注目だ。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト