【サッカー】U23アジア杯3位決定戦:U-21日本代表、オーストラリア代表に完封勝利…佐藤恵允と藤尾翔太がゴール

AFC(アジアサッカー連盟)U23アジアカップ ウズベキスタン2022の3位決定戦が6月18日に行われた。パリ2024を目指すU-21日本代表はオーストラリア代表と対戦。佐藤恵允と藤尾翔太が得点を決めたほか、相手のオウンゴールもあり、3-0の完封勝利で今大会を終えた。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

AFC(アジアサッカー連盟)U23アジアカップ ウズベキスタン2022は現地時間6月18日に3位決定戦を開催。U-21日本代表はオーストラリア代表と対戦した。序盤からペースを握った日本は佐藤恵允(明治大学)、藤尾翔太(徳島ヴォルティス)のゴールに相手のオウンゴールもあり、3-0の完封勝利。3位で大会を終えた。

試合は終始、日本が優勢に進めた。7分に佐藤が相手のクリアボールを拾うと、巧みなステップから左足を振り抜き、強烈なシュートを突き刺して先制に成功。その後も三戸舜介(アルビレックス新潟)がクロスバー直撃のシュートを放つなど、日本がチャンスを作る。すると39分、日本のコーナーキックからオーストラリアの選手がオウンゴール。2点のリードを持ってハーフタイムを迎えた。

後半に入っても日本のペースは変わらない。交代で入った選手が攻撃を活性化する中、63分に右サイドからのボールを藤尾が押し込んで3点目をゲット。終盤は相手にシュートを打たれる場面も作られたが、ゴールキーパーの鈴木彩艶(浦和レッズ)を中心に守り抜き、無失点で試合終了のホイッスルを迎えた。

今大会は1日に開幕。日本はパリ2024オリンピック出場を目指すU-21世代で今大会に挑んだ。グループステージ(GS)では2勝1分、勝点7でサウジアラビア代表と並び、得失点差で2位。準々決勝では韓国代表に3-0の快勝を飾ったが、同じU-21世代のウズベキスタン代表には0-2で今大会初の黒星を喫した。残る決勝戦は19日に行われ、ウズベキスタンとサウジアラビアが頂点を争う。

■日本の今大会の成績

  • GS第1節:日本 2-1 アラブ首長国連邦
  • GS第2節:日本 0-0 サウジアラビア
  • GS第3節:日本 3-0 タジキスタン
  • 準々決勝:日本 3-0 韓国
  • 準決勝:日本 0-2 ウズベキスタン
  • 3位決定戦:日本 3-0 オーストラリア

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト