【サッカー】J1第24節:神奈川ダービーは川崎フロンターレに軍配…清水エスパルスが残留圏内に

2022明治安田生命J1リーグ第24節が8月6日と7日の両日に8試合行われた。川崎フロンターレと横浜F・マリノスによる「神奈川ダービー」は、後半アディショナルタイム弾で川崎Fに軍配。FC東京に勝利を収めた清水エスパルスは、暫定ながらJ1残留圏内の15位に浮上している。

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

日本プロサッカーリーグ・Jリーグは8月6日と7日の両日に、2022明治安田生命J1リーグ第24節の8試合を行った。ベスト電器スタジアム(福岡県福岡市)で開催が予定されていたアビスパ福岡とガンバ大阪の試合は中止となっている。

■神奈川ダービーは川崎Fに軍配

鹿島アントラーズは6日、県立カシマサッカースタジアム(茨城県鹿嶋市)でサンフレッチェ広島と対戦。84分、直前に交代出場した広島MF川村 拓夢のゴールを許すと、後半アディショナルタイムにも失点を喫する。試合は、2-0で広島の勝利。鹿島は8日、レネ ヴァイラー監督との契約を解除したことを発表した。

首位の横浜F・マリノスは7日、アウェイ・等々力陸上競技場(神奈川県川崎市)で川崎フロンターレとの「神奈川ダービー」に臨んだ。試合は25分、川崎FがFWレアンドロ ダミアンのゴールで先制。横浜FMは前半アディショナルタイムにFW仲川 輝人のゴールで同点とする。1-1で迎えた後半アディショナルタイム、前線にポジションしていたDFジェジエウが、FW家長 昭博のクロスを頭で合わせて勝ち越し。2-1で川崎Fが劇的勝利を収めた。

横浜FMは勝点48で首位。2位は勝点42の柏レイソル、3位は勝点41のセレッソ大阪で続く。川崎Fと鹿島は勝点40、広島は勝点38。


■清水が15位に浮上

清水エスパルスは2-0でFC東京に勝利。勝点24に伸ばし、暫定ながらJ1残留圏内の15位に浮上した。試合がなかったG大阪は勝点22のままで、J1参入プレーオフ出場権の16位に後退。ジュビロ磐田はサガン鳥栖に0-2で敗れ、勝点22の17位。ヴィッセル神戸はC大阪との「阪神ダービー」に0-3で敗れ、勝点21の18位に沈んでいる。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト