【サッカー】J1第27節:川崎Fが鹿島撃破...首位の横浜FMと2ポイント差に

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は8月26日から27日にかけ、2022明治安田生命J1リーグ第26節の6試合を実施。川崎フロンターレは鹿島アントラーズを2‐1で破った。この日程で試合がなかった横浜F・マリノスとの勝点差を「2」に縮めている。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

2022明治安田生命J1リーグ第27節の6試合が、8月26日から27日にかけ開催された。

試合前時点で暫定4位の川崎フロンターレは、同3位の鹿島アントラーズとの上位対決に臨んだ。両チームとも逆転優勝に向け3ポイントが欲しい一戦だが、川崎Fが良い試合の入りとなった。積極的な立ち上がりの中から、8分に家長昭博が自ら獲得したPKを沈め先制。さらに14分、脇坂泰斗がフリーキックを直接決め追加点を奪った。

いきなり2点ビハインドを負った鹿島は、前半をこの2失点のみでしのぐと後半に盛り返す。立ち上がりの52分、仲間隼斗が1点を返した。その後も同点を狙い攻め込むが、ゴールは遠く2-1のまま試合終了。鹿島は暫定4位に後退した。

川崎Fは鹿島戦を終え、24試合消化。勝点を46に伸ばし、同消化試合数の首位横浜F・マリノスと2ポイント差とした。

サンフレッチェ広島は、セレッソ大阪に3‐0の快勝。リーグ戦4連勝で、勝点47の暫定2位(27試合消化)としている。

松木玖生らがゴールを奪ったFC東京は、柏レイソルに6-3で勝利を収めた。名古屋グランパスと対戦したガンバ大阪は、8戦ぶりの白星。鈴木武蔵が加入後初ゴールをマークしている。

なお、AFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグ(ACL)2022ノックアウトラウンド出場チーム関連試合は、後ろ倒して開催。横浜F・マリノス 対 ジュビロ磐田、ヴィッセル神戸 対 湘南ベルマーレ、浦和レッズ 対 北海道コンサドーレ札幌の3試合は、10月12日に行われる。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト