【卓球】WTTカップファイナルズ第3日:張本智和が男子シングルス決勝進出

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

シンガポール・OCBCアリーナで開催中のITTF(国際卓球連盟)国際大会シリーズ「WTT」のカップファイナルズは12月6日、3日目を迎えた。男子シングルスでは、世界ランキング5位の張本智和(木下グループ)が決勝に進出している。

張本は準々決勝で世界ランキング21位のウォン・チュンティン(香港)を破った。続く準決勝では、同4位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)を退け決勝進出。7日に行われる決勝では、同1位でTokyo 2020(東京五輪)銀メダルのファン・ジェンドン(中国)と対戦する。

女子シングルス世界ランキング17位の早田ひな(日本生命)は、準々決勝で同12位ドー・ホイカン(香港)に勝利。準決勝では同2位で東京五輪銀メダルのスン・インシャ(中国)に敗れ、ベスト4で敗退した。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト