【プロ野球】9月25日|オリックス・山本が15勝目、阪神・髙橋がプロ初完封

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事

プロ野球は9月25日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の計6試合が行われた。セントラル・リーグでは阪神タイガースが読売ジャイアンツに完封勝利。パシフィック・リーグでは、オリックス・バファローズが東北楽天ゴールデンイーグルスとの接戦を制した。ここでは25日の試合を振り返る。

阪神タイガースは終盤、糸原健斗の一発などで3点を挙げ、読売ジャイアンツに勝利。投げては先発の髙橋遥人が、9回5安打無失点・13奪三振の快投で、巨人打線をシャットアウト。今シーズン2勝目をプロ初完封で飾った。

広島東洋カープは2-2で迎えた6回、會澤翼の3号ソロが飛び出し、横浜DeNAベイスターズに逆転勝ち。6回2失点の先発・高橋昂也が、今シーズン4勝目を手にした。

東京ヤクルトスワローズの先発・高橋奎二は、7回3安打無失点・8奪三振の好投。一方の中日ドラゴンズ・ロドリゲスも、8回一死まで安打を許さない快投を見せ、両軍無得点のまま引き分けとなった。

千葉ロッテマリーンズは初回、レアードの2ランなどで3得点。このリードを、先発・河村説人の好投などで守り抜き、埼玉西武ライオンズに快勝。河村は6回途中1失点で自身3連勝をマークした。

オリックス・バファローズは宗佑磨の先制弾などで3点を挙げ、東北楽天ゴールデンイーグルスとの接戦を制した。先発の山本由伸は8回2失点・9奪三振の好投を見せ、今シーズン15勝目。

福岡ソフトバンクホークスは、先発の石川柊太が6回途中3安打2失点・10奪三振の快投を見せ、北海道日本ハムファイターズに勝利。打線は栗原陵矢のソロなどで、序盤に4得点を挙げ石川を援護した。

9月25日の試合結果

  • 巨人0-3阪神
  • DeNA2-3広島
  • ヤクルト0-0中日
  • 西武1-3ロッテ
  • オリックス3-2楽天
  • ソフトバンク4-2日本ハム

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト