【バドミントン】インドネシアマスターズ第6日:男子シングルス桃田賢斗が優勝

男子ダブルスは保木卓朗/小林優吾、女子ダブルスは志田千陽/松山奈未が制す

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

BWF(世界バドミントン連盟)ワールドツアー・スーパー750「DAIHATSUインドネシアマスターズ2021」は11月21日に最終日を迎え、各種目決勝を実施。日本勢では男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、男子ダブルスの保木卓朗/小林優吾ペア(トナミ運輸)、女子ダブルスの志田千陽/松山奈未ペア(再春館製薬所)が優勝した。

桃田は決勝でアンダース・アントンセン(デンマーク)にストレート勝ち。保木/小林ペアはインドネシアペア、志田/松山ペアは韓国ペアにそれぞれ勝利を収めた。女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は、アン・セヨン(韓国)に敗れ準優勝だった。

DAIHATSU Indonesia Masters 2021(Tournamentsoftware.com)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト