【テニス】全米OP第4日:土居美咲は女子単2回戦で敗退…女子複・青山修子/柴原瑛菜ペアらが2回戦進出

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

テニス四大大会(グランドスラム)の1つ、全米オープンは現地時間9月2日に第4日迎えた。女子シングルスでは、WTA(女子テニス協会)世界ランキング97位の土居美咲(ミキハウス)が、同25位のジェシカ・ペグラ(アメリカ合衆国)と対戦。ストレート負けで3回戦進出はならなかった。

女子シングルスでは、同1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)、同4位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)、同7位のビアンカ・アンドレスク(カナダ)、同8位のイガ・シフィオンテク(ポーランド)、Tokyo 2020(東京五輪)金メダルで同12位のベリンダ・ベンチッチ(スイス)らが勝利を収めている。

女子ダブルス1回戦では、青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)組、穂積絵莉(日本住宅ローン)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)組、加藤未唯(ザイマックス)/サブリナ・サンタマリア(米国)組が白星。二宮真琴(エディオン)/リュドミラ・キチェノック(ウクライナ)組、日比野菜緒(ブラス)/ケイトリン・クリスチャン(米国)組は1回戦敗退となった。