【スキージャンプ】W杯予選:髙梨沙羅、佐藤幸椰らが本戦進出

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

現地時間12月3日、ノルディックスキーのFIS(国際スキー連盟)ジャンプ・ワールドカップがノルウェー・リレハンメル(女子)とポーランド・ビスワ(男子)で開幕。初日は予選が行われ、女子では髙梨沙羅(クラレ)、男子では佐藤幸椰(雪印メグミルクスキー部)らが予選を突破している。

女子は4日にW杯第3戦ノーマルヒル(ヒルサイズ=98m)を行い、5日にW杯第4戦ラージヒル(HS=140m)を実施。男子は4日にW杯第5戦団体戦(HS=134m)を行い、5日にW杯第6戦ラージヒル(HS=134m)を実施する。

■予選の主な結果(女子)

1.マリタ・クラマー(オーストリア)125.4
13.髙梨沙羅(クラレ)104.0
17.岩渕香里(北野建設SC)98.7
30.勢藤優花(北海道ハイテクアスリートクラブ)89.1
39.伊藤有希(土屋ホームスキー部)79.0
43.岩佐明香(株式会社大林組)72.9 ※予選落ち

■予選の主な結果(男子)

1.ヤン・ホラル(オーストリア)138.7
6.中村直幹(Flying Laboratory SC)131.2
9.佐藤幸椰(雪印メグミルクスキー部)129.6
20.小林潤志郎(雪印メグミルクスキー部)124.1
50.佐藤慧一(雪印メグミルクスキー部)106.7
56.伊東大貴(雪印メグミルクスキー部)101.8 ※予選落ち

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト