スキージャンプ
  • オリンピック新競技
    シャモニー1924
  • 最多金メダル
    Matti Nykänen (FIN)
詳細

スキージャンプ スポットライト

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、スキージャンプ関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

スキージャンプ

スキージャンプはこの100年間で非常に大きな進化を遂げました。さまざまな跳躍技術により、さらに長い距離を飛ぶことが可能になりました。

ノルウェー発祥

スキージャンプの起源は、1808年に9.5mを飛んだオーレ・ライ(ノルウェー)に遡ります。同じくノルウェーのソンドレ・ノルハイムは、現代に伝わるスキージャンプの父と呼ばれている存在で、ノルウェーのホイダルズモにあるオフテで1866年に開催された世界初の賞金がかかったスキージャンプ大会で優勝を果たしました。

パイオニア

第一次世界大戦後、チューリン・タムス(ノルウェー)とシグムンド・ルード(ノルウェー)は、コングスベルガー・テクニックと呼ばれる新しいジャンプスタイルを開発。これは、腰を曲げて大きく前傾し、腕を前に伸ばしてスキー板を平行にした状態でジャンプする形。このテクニックを使って、オーストリアのセップ・ブラドルが1936年に101メートルを飛び、世界で初めて100メートル超えを成し遂げました。