【スキージャンプ】男子W杯第16戦:日本、僅差でノルウェーを上回り2位…優勝はオーストリア

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

ノルディックスキー男子ジャンプのFIS(国際スキー連盟)ワールドカップ第16戦(団体第2戦)が現地時間1月9日、オーストリア・ビショフスホーフェン(ヒルサイズ=142メートル)で行われた。優勝はオーストリア。日本は3位のノルウェーを0.2点上回り、2位となっている。

日本は、北京五輪代表に内定している小林陵侑(土屋ホームスキー部)、佐藤幸椰、小林潤志郎と佐藤慧一(以上、雪印メグミルクスキー部)で出場し、1006.4点を記録。優勝のオーストリアは1015.5点だった。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト