【ショートトラック】全日本選手権:岩佐暖と山名里奈が総合優勝…山名は北京五輪補欠に

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

第44回全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会が12月18日と19日の両日、大阪府大阪市の丸善インテック大阪プールアイススケート場で開催。男子は岩佐暖(きらぼし銀行)、女子は山名里奈(山梨学院大学)が、それぞれ総合優勝に輝いている。

日本スケート連盟(JSF)は同日、ショートトラックの北京五輪派遣選手団を発表。15日に内定が出された吉永一貴(トヨタ/中京大学)、菊池耕太(社会医療法人恵仁会)、宮田将吾(阪南大学)、菊池純礼(富士急行)、菊池悠希(ANA)に加え、小池克典と神長汐音(ともに、全日空商事)が追加された。

■北京五輪派遣選手団

【男子】

  • 吉永一貴(トヨタ/中京大学)
  • 菊池耕太(社会医療法人恵仁会)
  • 宮田将吾(阪南大学)
  • 小池克典(全日空商事)

【女子】

  • 菊池純礼(富士急行)
  • 菊池悠希(ANA)
  • 神長汐音(全日空商事)

【男子補欠】

  • 渡邊啓太(阪南大学職員)
  • 菊池哲平(帝産クラブ)
  • 齋藤慧(栃木県スポーツ協会)
  • 松津秀太(阪南大学)

【女子補欠】

  • 平井亜実(トヨタ自動車)
  • 菊池萌水(KHネオケム株式会社)
  • 山名里奈(山梨学院大学)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト